地名解析辞書の説明(Description of Geoword Dictionary)

辞書のデータ構造は、識別子、基本情報、利用情報、属性情報から構成される。識別子は辞書を識別するために利用する。基本情報は辞書の名称など作成者が定義する情報である。利用情報は、辞書がサーバにアップロードされたり利用されることによって応じて変化する情報で、辞書サーバが動的に生成する。属性情報は辞書に含まれる地名語から計算可能な情報である。

識別子(Identifiers)

識別子
識別子は辞書を識別するためのURLである。このURLにアクセスすると、辞書 の詳細情報が表示される。
内部ID
内部IDは、辞書が辞書サーバにアップロードされた順に1番から自動的に付与されるシリアル番号である。 辞書ID=0はジオコーディング結果を示すために予約されており、辞書のIDとしては利用できない。

辞書サーバを経由して配布される辞書は、一意で永続的な識別子を持つことが保証される。辞書サーバを経由しない辞書(たとえばユーザが独自に地図データから変換した辞書)を独自サーバ上に登録する場合は、識別子がサーバ内で一意になることを保証する必要がある(たとえば辞書ファイルの絶対パスを利用するなど)。

基本情報(Basic Information)

作成者
作成者は辞書の作成者の表示名で、辞書サーバにユーザ登録する際に決定する。 表示名は変更できるため、永続性・一意性は保証されない。
辞書名
辞書名は辞書作成者が決めた辞書の名称を表す文字列で、一意性は保証されない。 よって、辞書を識別する必要がある場合は「辞書名」ではなく「識別子」を利用する必要がある。
辞書説明
辞書説明は辞書を人間が理解するための文章である。
情報ソース
情報ソースは辞書を作成する際に参照した書籍やサイト、データセットなどを記述する。名称またはURI。
アイコン画像URL
アイコン画像URLはその辞書に含まれる地名語を地図上に表示する際に利用すべきアイコン画像のURLを示す。 GeoNLPのクライアントアプリケーションは、地名語の地名型によって独自のアイコンセットを利用しても良いし、辞書のアイコン画像を利用しても良い。

利用情報(Usage Information)

修正報告件数
修正報告件数は、辞書に含まれる地名語に対し、GeoNLPの利用者が位置や名称等の誤りを報告した件数の合計である。
公開日時
公開日時、辞書が最初にサーバ上で公開された日時である。
修正日時
修正日時は、辞書が修正された場合に最後に公開された日時である。
辞書URL
辞書URLは辞書をダウンロード可能なURLである。

これらの情報はサーバが自動的に生成する。

属性情報(Attributes)

レコード数
レコード数は辞書内の地名語の総数である。
空間範囲
空間範囲は、辞書内の地名語の経緯度の最小値・最大値である。
収録固有名型
収録固有名型は辞書内の地名語が持つ「固有名型」の一覧である。

これらの情報は、範囲や固有名型から辞書を検索または絞り込む際に利用する。