ライセンス

GeoNLP LICENSE

GeoNLPは、大学共同利用機関法人情報・システム機構 国立情報学研究所が開発したオープンソースの地名情報処理基盤システムです。 本ソフトウェアの著作権は情報・システム機構およびプログラムを作成した各個人に帰属し、FreeBSDライセンスによって公開されています。本ソフトウェアを利用する方は、FreeBSDライセンスの精神をご理解の上、ご利用ください。

FreeBSDライセンス

日本語訳

本ソフトウェアはソースコード形式であれバイナリ形式であれ、変更の有無に関わらず、以下の条件を満たす限りにおいて、再配布および使用を許可します。

ソースコード形式で再配布する場合、上記著作権表示、本条件書および下記責任限定規定を必ず含めてください。

バイナリ形式で再配布する場合、上記著作権表示、本条件書および下記責任限定規定を、配布物とともに提供される文書および他の資料に必ず含めてください。

本ソフトウェアはGeoNLP PROJECT によって、”現状のまま”提供されるものとします。本ソフトウェアについては、明示黙示を問わず、商用品として通常そなえるべき品質をそなえているとの保証も、特定の目的に適合するとの保証を含め、何の保証もなされません。 事由のいかんを問わず、損害発生の原因いかんを問わず、且つ、 責任の根拠が契約であるか厳格責任であるか (過失その他) 不法行為であるかを問わず、 情報・システム研究機構、国立情報学研究所、GeoNLP PROJECTおよび寄与者も、仮にそのような損害が発生する可能性を知らされていたとしても、本ソフトウェアの使用から発生した直接損害、間接損害、偶発的な損害、特別損害、懲罰的損害または結果損害のいずれに対しても (代替品または サービスの提供; 使用機会、データまたは利益の損失の補償; または、業務の中断に対する補償を含め) 責任をいっさい負いません。

GeoNLP PROJECT

利用しているコードに関する著作権表示

本ソフトウェア内では以下のコードを利用しています。 本ソフトウェアを配布、利用、転載する場合には、これらのコードの著作権についてもご確認ください。

コードを公開されている著者の方々に感謝いたします。 なお、著作権については各ファイルに原文のまま記載しております。

include/darts.h

Darts – Double-ARray Trie System

Copyright(C) 2001-2007 Taku Kudo <taku@chasen.org>

include/picojson.h

picojson

Copyright 2009 Cybozu Labs, Inc.

include/CSVReader.h

CSVファイル読み込みクラス

Copyright (c) 2008, Taipei Cat Project

謝辞

本ソフトウェアの一部には、独立行政法人科学技術振興機構の戦略的創造研究推進事業「さきがけ」の支援を受けた。

本ソフトウェアの一部には、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構の支援を受けた。

This software is partially supported by PRESTO program of Japan Science and Technology Agency (JST).

This software is partially supported by Research Organization of Information and Systems (ROIS).

ショートカットリンク

目次

前のトピックへ

PHP API リファレンス

次のトピックへ

GeoNLPの用語