高度な使い方

独自サーバ上で GeoNLP を利用することで実現できる高度な使い方を紹介します。

形態素解析機能だけを利用する

WebAPI にはない機能として、形態素解析の結果を利用することができます。解析したい文字列を geonlp_ma コマンドに渡します。

$ echo '沖縄県の南海上で台風が発生しました' | geonlp_ma

沖縄県  名詞,固有名詞,地名語,GzfYzt:沖縄県,-,*,沖縄県,オキナワケン,オキナワケン
の      助詞,連体化,*,*,*,*,の,ノ,ノ
南海    名詞,固有名詞,地名語,cKm02K:南海町/UpBBK0:南海,名詞-一般-*,*,南海,ナンカイ,ナンカイ
上      名詞,接尾,副詞可能,*,*,*,上,ジョウ,ジョー
で      助詞,格助詞,一般,*,*,*,で,デ,デ
台風    名詞,一般,*,*,*,*,台風,タイフウ,タイフー
が      助詞,格助詞,一般,*,*,*,が,ガ,ガ
発生    名詞,サ変接続,*,*,*,*,発生,ハッセイ,ハッセイ
し      動詞,自立,*,*,サ変・スル,連用形,する,シ,シ
まし    助動詞,*,*,*,特殊・マス,連用形,ます,マシ,マシ
た      助動詞,*,*,*,特殊・タ,基本形,た,タ,タ
EOS

サーバ機能を利用する

この機能はバージョン 1.2.0 で廃止されました。サーバ機能を利用したい場合は CGI プログラム を利用してください。

独自アプリケーション内でオンデマンドに地名抽出を行いたい場合には、 geonlp_api_server コマンドでサーバプロセスを起動します。

$ geonlp_api_server --port=8888 &

指定した tcp ポートに WebAPI のリクエストを送信すると処理結果が返ってきますので、アプリケーション内で通信を行うコードを書けば、連続的な地名抽出処理が可能になります。

# v- 入力
$ telnet localhost 8888
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.localdomain (127.0.0.1).
Escape character is '^]'.
# v- リクエスト送信
{"method":"geonlp.getGeoInfo","params":["GzfYzt"],"id":3}{EOR}
{"error":null,"id":3,"result":{"GzfYzt":{"address":"那覇市泉崎1-2-2","body":"沖縄","body_kana":"オキナワ","code":{"jisx0401":"47","lasdec":"470007"},"dictionary_id":28,"entry_id":"47","fullname":"沖縄県","geonlp_id":"GzfYzt","latitude":"26.2133","longitude":"127.67963","ne_class":"都道府県","phone":"098-866-2333","suffix":["県",""],"suffix_kana":["ケン",""]}}}{EOR}

# v- 終了送信
{EOC}
Connection closed by foreign host.

リクエストの終了を表すために文字列 {EOR} を、通信終了を表すために文字列 {EOC} を送信する必要があります。また、レスポンスの最後にも終端を表す文字列 {EOR} が付与されます。

通信プロトコルとしてはとてもナイーブなので、確実な処理が必要なアプリケーションでの利用は推奨しません。より確実な通信手段が必要な場合は、 HTTP などの高度なプロトコルを利用してください。

地名解析辞書をダウンロードする

この機能はバージョン 1.1.0 から GeoNLP 辞書管理ユーティリティ が提供されたため、特別な理由がない限り利用は推奨しません。

地名解析辞書 を利用するには、 GeoNLP Data サイト から辞書ファイルをダウンロードして、ローカルサーバにインストールする必要があります。

辞書のダウンロード、インストールには GeoNLP 辞書管理ユーティリティ を利用するのが簡単ですが、バッチプログラムで自動化するといった高度な使い方を行う際の参考のため、手動でインストールする手順を示します。

まずダウンロードした zip ファイルを任意のディレクトリに展開します。

$ unzip new_dictionary.zip

License.txt にこのデータのライセンスが記載されているので、必ず読んで下さい。次に、 geonlp_add コマンドを実行し、展開して得られた csv ファイルと json ファイルをインポートします。

$ geonlp_add new_dictionary.json new_dictionary.csv

複数の辞書をインストールしたい場合は、上記の手順を繰り返してください。

最後に geonlp_ma_makedic コマンドを実行し、検索インデックスと形態素解析用辞書を更新します。

$ geonlp_ma_makedic -u

以上でダウンロードとバイナリ辞書の更新手順は完了です。