「デジタル台風」 -- 人工知能的アプローチに基づく台風解析

台風は日本に大きな影響を与える顕著な気象現象であり、その的確な解析と迅速な予報には大きな意義がある。これらのテーマは、これまで主に気象学の分野で研究が進められてきたが、特に前者については台風雲パターンの時系列的解析という課題を解決する必要があるため、必ずしも気象学のテクニックだけでは解決できない問題であると考える。そこで本論文は、大量の台風画像を収集した台風画像コレクションを作成し、パターン認識やコンピュータビジョンで開発された方法論を台風解析という問題に適用し、新しい台風解析法を見出すためのテストベッドとして活用する。最後にグラフ構造を活用した台風類似雲パターンの検索について簡単に述べる。

文献情報

北本 朝展, "「デジタル台風」 -- 人工知能的アプローチに基づく台風解析", 情報処理学会技術報告, Vol. CVIM123-8, pp. 59-66, 2000年09月

BibTeX フォーマット

      @InProceedings{ k:cvim00,
      author = {北本 朝展},
      title = {「デジタル台風」 -- 人工知能的アプローチに基づく台風解析},
      booktitle = {情報処理学会技術報告},
      volume = {CVIM123-8},
      pages = {59-66},
      year = 2000,
      month = 09,
      note = {},
      }
    

関連資料・関連ウェブサイト

サイト内関連ページ

| リンク 1 | リンク 2 | リンク 3 |