パイプライン型遺伝的アルゴリズムによる類似画像検索パラメータの対話的な最適化

類似画像検索とは、検索キーに類似した内容をもつ画像を画像データベースの中から検索する方法である。この方法では検索パラメータを用いて、どのような画像特徴を検索で重視するかを指定する。するとシステムはそのパラメータに従って類似度を計算するため、検索パラメータの設定は類似画像検索には非常に重要な問題である。そこで本論文では、この検索パラメータを遺伝的アルゴリズム(GA)を用いて最適化する方法、特に模擬育種法(人為選択法)に基づいて対話的に最適化するための方法を提案する。すなわち、模擬育種法に適したGAとしてパイプライン型遺伝的アルゴリズム(P-GA)を提案し、類似画像検索の最適化問題へ応用する。

文献情報

北本 朝展, "パイプライン型遺伝的アルゴリズムによる類似画像検索パラメータの対話的な最適化", 情報処理学会 第55回全国大会, Vol. 2, pp. 457-458, 1997年09月

BibTeX フォーマット

@InProceedings{ k:ipsj97,
	author = {北本 朝展},
	title = {パイプライン型遺伝的アルゴリズムによる類似画像検索パラメータの対話的な最適化},
	booktitle = {情報処理学会 第55回全国大会},
        volume = {2},
	pages = {457-458},
	year = 1997,
	month = 09,
	note = {},
}

サイト内関連ページ

| リンク 1 | リンク 2 |