地理情報資源のデータベースと相互運用の試み

生物情報に関しては大規模データベースの構築と相互運用の試みが盛んに進められているが、地理情報においてもこのような動きは世界で進みつつある。本講演ではこうした動きを象徴する言葉としての「デジタルアース」と、大規模データベースの構築、ウェブサービスの発展、情報ブラウザの進化などのトピックについて概説する。またこうした発展の道筋を、生物情報のケースと対比させてみたい。

文献情報

北本 朝展, "地理情報資源のデータベースと相互運用の試み", 国立遺伝学研究所研究会「生物情報資源の相互運用性」, 2006年03月

関連資料・関連ウェブサイト