デジタル人文学:コンテンツの「解釈」を重視したメディア技術の展開

データの活用を重視する新しい人文学「デジタル人文学」が勃興しつつある。コンテンツの創造的な統合と解釈が生み出す研究成果を紹介するとともに、観光等への展開の可能性を議論する。 

文献情報

北本 朝展, "デジタル人文学:コンテンツの「解釈」を重視したメディア技術の展開", 精密工学会 画像応用技術専門委員会 第5回定例研究会「クリエイティブ・コンテンツ:ファッション,伝統工芸,観光・メディア」, pp. 1-10, 2015年01月 (招待講演)

BibTeX フォーマット

      @InProceedings{ iaip15,
      author = {北本 朝展},
      title = {デジタル人文学:コンテンツの「解釈」を重視したメディア技術の展開},
      booktitle = {精密工学会 画像応用技術専門委員会 第5回定例研究会「クリエイティブ・コンテンツ:ファッション,伝統工芸,観光・メディア」},
      pages = {1-10},
      year = 2015,
      month = 01,
      note = {},
      }
    

関連資料・関連ウェブサイト

サイト内関連ページ

| リンク 1 |