貴重書デジタルアーカイブの構築と画像処理技術の応用

本稿は貴重書デジタルアーカイブの事例として、筆者らが取り組む「『東洋文庫所蔵』図像史料マルチメディアデータベース」を紹介する。まず、書籍を対象としたデジタルアーカイブに特有の問題を取り上げ、そこに画像処理技術がどのように応用できるかという観点から、画像処理ワークフローの定式化やデジタル漂白処理などのトピックを論じる。

文献情報

北本 朝展, "貴重書デジタルアーカイブの構築と画像処理技術の応用", 映像情報インダストリアル, Vol. 38, No. 8, pp. 85-88, 2006年07月

BibTeX フォーマット

@Article{ k:eji06,
	author = {北本 朝展},
	title = {貴重書デジタルアーカイブの構築と画像処理技術の応用},
	journal = {映像情報インダストリアル},
	volume = {38},
	number = {8},
	pages = {85-88},
	year = 2006,
	month = 07,
	note = {},
}

関連資料・関連ウェブサイト

サイト内関連ページ

| リンク 1 |