台風雲パターンの衛星画像解析に基づく台風データベースの構築

台風は日本各地に大きな影響を与える顕著な気象現象であり、台風の正確な解析と迅速な予報の実現には大きな意義がある。これらの課題はこれまで気象学の分野で研究が進められてきた。しかし特に台風解析については、台風雲パターンの時系列解析という、気象学の枠内にはやや収まりきらない問題を扱う必要がある。そこで本研究は、台風雲パターンの衛星時系列画像解析に人工知能的アプローチ -- コンピュータビジョンやパターン認識、機械学習やデータマイニングなど -- を適用し、気象学的アプローチとは異なった視点から台風解析の問題に迫っていく。そして、台風解析作業の支援や、大量の台風画像からのデータマイニングなどの機能を備えた、台風データベースの構築を目標とする。

文献情報

北本 朝展, "台風雲パターンの衛星画像解析に基づく台風データベースの構築", 情報処理学会 第61回全国大会, Vol. 2-3V-5, pp. 217-218, 2000年10月

BibTeX フォーマット

@InProceedings{ k:ipsj00,
	author = {北本 朝展},
	title = {台風雲パターンの衛星画像解析に基づく台風データベースの構築},
	booktitle = {情報処理学会 第61回全国大会},
        volume = {2-3V-5},
	pages = {217-218},
	year = 2000,
	month = 10,
	note = {},
}

関連資料・関連ウェブサイト

サイト内関連ページ

| リンク 1 | リンク 2 |