遷画:画像の収集・並べ替えとスライドショーの共有に基づく参加型アーカイブ

「遷画〜シルクロード」は大量の画像をデータベースから収集して並べ替え、その結果をスライドショーという形式で公開できる参加型アーカイブである。画像の収集と並べ替えは利用者自身の興味や関心に従うものであり、その結果として生成される「ツアー」はデジタルアーカイブを閲覧するための導線となって他者と共有できるようになる。こうしたツアーの集積を通して、文化の変遷や多様性を示すアーカイブとして成長させていくことが研究の目的である。本論文は「遷画」の考え方やインタフェースを紹介し、作成されたツアーを利用状況やアンケート結果から分析する。そして、画像を収集して並べ替えるという単純なシステムから、多様な意味が生み出されることを示す。

文献情報

神田 涼, 北本 朝展, "遷画:画像の収集・並べ替えとスライドショーの共有に基づく参加型アーカイブ", 人文科学とコンピュータシンポジウム じんもんこん2007, pp. 339-346, 2007年12月

BibTeX フォーマット

@InProceedings{ kk:jm07,
	author = {神田 涼 and 北本 朝展},
	title = {遷画:画像の収集・並べ替えとスライドショーの共有に基づく参加型アーカイブ},
	booktitle = {人文科学とコンピュータシンポジウム じんもんこん2007},
	pages = {339-346},
	year = 2007,
	month = 12,
	note = {},
}

関連資料・関連ウェブサイト

サイト内関連ページ

| リンク 1 |