台風画像コレクションの構築および台風解析への応用

本論文の目的は、気象学的知識と人工知能的アプローチとを融合した台風雲パターンの時系列解析法を提案し、台風解析における熟練者の解析作業支援や、大量の台風画像からの知識発見などを実現することにある。そのための基礎となるデータセットとして、本論文では20,000枚規模の台風画像コレクションを構築する。ここで台風画像とは、台風のベストトラックに記録された台風中心が地図投影画像中心に一致するように、台風周辺領域を衛星受信画像から切り出したものである。このようなラグランジュ的表現によって、台風雲システム全体の動きから台風雲パターンに固有の動きを分離できる。次に本論文では、台風雲パターンに特徴的な楕円形状を表現するための手法として、変形楕円を用いた形状分解手法を提案する。この結果を用いて台風の日変化の解析という台風解析の問題に取り組んだところ、本論文で提案する手法は、気象学的知見と一致するような、気象学的に意味のある情報を抽出することができた。

文献情報

北本 朝展, 小野 欽司, "台風画像コレクションの構築および台風解析への応用", NII Journal, No. 1, pp. 7-22, 2000年12月

BibTeX フォーマット

@Article{ ko:nii1,
	author = {北本 朝展 and 小野 欽司},
	title = {台風画像コレクションの構築および台風解析への応用},
	journal = {NII Journal},
	number = {1},
	pages = {7-22},
	year = 2000,
	month = 12,
	note = {},
}

関連資料・関連ウェブサイト

サイト内関連ページ

| リンク 1 | リンク 2 | リンク 3 | リンク 4 |