スタイン地図と衛星画像を用いたタリム盆地の遺跡同定手法と探検隊考古調査地の解明

文献情報

西村 陽子, 北本 朝展, "スタイン地図と衛星画像を用いたタリム盆地の遺跡同定手法と探検隊考古調査地の解明", 敦煌写本研究年報, Vol. 4, pp. 209-245, 2010年03月

BibTeX フォーマット

@Article{ nk:ardmr10,
	author = {西村 陽子 and 北本 朝展},
	title = {スタイン地図と衛星画像を用いたタリム盆地の遺跡同定手法と探検隊考古調査地の解明},
	journal = {敦煌写本研究年報},
	volume = {4},
	pages = {209-245},
	year = 2010,
	month = 03,
	note = {},
}

関連資料・関連ウェブサイト

サイト内関連ページ

| リンク 1 |