気象庁防災情報XMLデータベース

気象庁防災情報XMLをリアルタイムに更新するだけでなく、過去の履歴や統計情報も検索可能なデータベースです。また一部の電文は詳細に解析し、特別警報・警報・注意報土砂災害警戒情報竜巻注意情報記録的短時間大雨情報火山噴火関連情報震源震度情報などのリアルタイム情報として提供します。

件数:1,773,824件/最終更新:2017年09月23日14時21分05秒

防災情報タイムライン(最新5件)

降灰予報(定時)
  •  現在、口永良部島は噴火警戒レベル3(入山規制)です。口永良部島で噴火が発生した場合には、23日21時から24時までは火口から南西方向に降灰が予想されます。
  •  現在、諏訪之瀬島は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)です。諏訪之瀬島で噴火が発生した場合には、23日21時から24時までは火口から南西方向に降灰が予想されます。
  •  現在、桜島は噴火警戒レベル3(入山規制)です。桜島で噴火が発生した場合には、23日21時から24時までは火口から北東方向に降灰が予想されます。
  •  現在、霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)です。霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)で噴火が発生した場合には、23日21時から24時までは火口から西方向に降灰が予想されます。
  •  現在、諏訪之瀬島は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)です。諏訪之瀬島で噴火が発生した場合には、23日21時から24時までは火口から南西方向に降灰が予想されます。
府県天気概況
気象特別警報・警報・注意報
気象警報・注意報
気象警報・注意報(H27)
府県気象情報
  • 青森県では、23日夜遅くにかけて、大気の状態が非常に不安定となり、積乱雲の発達する所がある見込みです。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょう、急な強い雨に注意してください。
  • 宗谷地方では、23日夕方から24日明け方にかけて、竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうに注意してください。また、大雨による低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水に十分注意してください。
  • 上川・留萌地方では、23日夕方から24日明け方にかけて、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。大雨による低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水、竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうに十分注意してください。
  • 伊豆諸島では、竜巻などの激しい突風のおそれはなくなりました。
  • 石狩・空知・後志地方では、23日昼過ぎから24日未明にかけて、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうに、23日夕方から夜遅くにかけて、大雨による低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水に注意してください。
震源・震度に関する情報
地方気象情報
  • 北海道地方では、23日夕方から24日未明にかけて、雷を伴った激しい雨の降る所がある見込みです。大雨による低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうに十分注意してください。
  • 北海道地方では、23日朝から24日にかけて、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。大雨による低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水、竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうに十分注意してください。
  • 九州南部では、22日昼前にかけて局地的に落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。
  • 九州南部・奄美地方では、22日昼前にかけて局地的に落雷や竜巻などの激しい突風のおそれがありますので注意してください。
  • 北部では、21日朝にかけて、土砂災害に警戒してください。また、河川の増水に注意してください。
火山の状況に関する解説情報
  • <火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>  9月19日から9月22日15時までの桜島の活動状況をお知らせします。南岳山頂火口及び昭和火口から1kmを超えて飛散する大きな噴石や小規模な火砕流を伴う爆発的噴火が引き続き発生するおそれがあります。
  • <火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>  9月19日から9月22日15時までの霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の活動状況をお知らせします。
  • <火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>  9月19日から9月22日15時までの口永良部島の活動状況をお知らせします。
  • <火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>  9月18日から9月22日15時までの浅間山の活動状況をお知らせします。
  • <噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続> 秋田駒ヶ岳で9月14日に地震活動が一時的に活発化し、その後は低下していますが、当面は火山活動の状況に注意が必要です。
竜巻注意情報
  • 愛知県東部は、竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。
  • 【目撃情報あり】愛知県東部で竜巻などの激しい突風が発生したとみられます。愛知県東部は、竜巻などの激しい突風が発生するおそれが非常に高まっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。
  • 奄美地方は、竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。
  • 大隅地方、種子島・屋久島地方は、竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。
  • 奄美地方は、竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。
竜巻注意情報(目撃情報付き)
  • 愛知県東部は、竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。
  • 【目撃情報あり】愛知県東部で竜巻などの激しい突風が発生したとみられます。愛知県東部は、竜巻などの激しい突風が発生するおそれが非常に高まっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。
  • 奄美地方は、竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。
  • 大隅地方、種子島・屋久島地方は、竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。
  • 奄美地方は、竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。
指定河川洪水予報
震源に関する情報
震度速報
地方1か月予報
全般1か月予報
  •  北・東・西日本では、期間の前半は気温の変動が大きく、2週目を中心に気温がかなり低くなる可能性があります。沖縄・奄美では、期間の前半は気温がかなり高くなる所があるでしょう。
  •  北日本と沖縄・奄美では、期間の前半は気温がかなり高い所があるでしょう。
  •  沖縄・奄美では、期間の前半は気温がかなり高い見込みです。また、期間の前半は降水量の少ない状態が続く見込みです。
  •  北・東日本では、期間のはじめは気温がかなり低くなる所があるでしょう。西日本と沖縄・奄美では、期間の前半は気温がかなり高い所があるでしょう。また、沖縄・奄美では、期間のはじめは降水量の少ない状態が続く見込みです。
  •  西日本と沖縄・奄美では、期間の前半は、気温がかなり高い所があるでしょう。
土砂災害警戒情報
  • <全警戒解除> 大雨が弱まり、多発的な土砂災害が発生するおそれは少なくなりました。
  • <全警戒解除> 大雨が弱まり、多発的な土砂災害が発生するおそれは少なくなりました。
  • <概況> 降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっています。 <とるべき措置> 崖や沢の近くなど土砂災害の発生しやすい地区にお住まいの方は、早めの避難を心がけるとともに、防災や避難に関する情報に注意してください。
  • <概況> 降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっています。 <とるべき措置> 崖や沢の近くなど土砂災害の発生しやすい地区にお住まいの方は、早めの避難を心がけるとともに、防災や避難に関する情報に注意してください。
  • <概況> 降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっています。 <とるべき措置> 崖や沢の近くなど土砂災害の発生しやすい地区にお住まいの方は、早めの避難を心がけるとともに、防災や避難に関する情報に注意してください。
全般気象情報
  • 北日本では、引き続き21日朝にかけて土砂災害に厳重に警戒してください。また、北海道地方では、21日昼前にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意してください。
  • 北日本では、雷を伴い非常に激しい雨が降り、大雨となっています。北日本では、21日未明にかけて、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、北日本と北陸地方では、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。
  • 北日本では20日昼過ぎから土砂災害に注意・警戒し、低い土地の浸水や河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。
  • 北海道地方では、19日夜遅くにかけて、大雨による土砂災害に厳重に警戒し、河川の増水や氾濫に警戒してください。北日本を中心に、20日にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。
  • 西日本と東日本の大雨の峠は越えましたが、北日本では13日未明にかけて雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、落雷や突風に注意してください。
噴火に関する火山観測報
全般台風情報(定型)
全般台風情報
  • 大型の台風第18号の影響により、北日本では、19日未明にかけて、非常に強い風が吹き、大しけとなる所があるでしょう。暴風やうねりを伴った高波、土砂災害に警戒してください。
  • 台風第18号の中心は、18日12時過ぎに、北海道胆振西部に上陸しました。
  • 大型の台風第18号の影響により、18日夜にかけて、北日本では、猛烈な風が吹き、海は大しけとなり、大雨となる所があるでしょう。暴風やうねりを伴った高波、大雨に厳重に警戒してください。
  • 台風第18号の中心は、18日10時過ぎに、北海道檜山地方に上陸しました。
  • 大型の台風第18号の影響により、18日夜にかけて、北日本を中心に、猛烈な風が吹き、海は大しけとなり、大雨となる所があるでしょう。暴風やうねりを伴った高波、大雨に厳重に警戒してください。
記録的短時間大雨情報
府県潮位情報
  • 熊本県の沿岸では、9月18日から9月23日にかけて満潮の時間帯を中心に潮位が高くなるため、海岸や河口付近の低地では浸水や冠水のおそれがあります。
  • 佐賀県北部の沿岸では、9月19日から9月22日にかけて満潮の時間帯を中心に潮位が高くなるため、海岸や河口付近の低地では浸水や冠水のおそれがあります。
  • 長崎県の沿岸では、9月18日から9月23日にかけて満潮の時間帯を中心に潮位が高くなるため、海岸や河口付近の低地では浸水や冠水のおそれがあります。
  • 鹿児島県(奄美地方を除く)の沿岸では、9月19日から9月22日にかけて満潮の時間帯を中心に潮位が高くなるため、海岸や河口付近の低地では浸水や冠水のおそれがあります。
  • 岩手県の沿岸では9月18日から9月25日にかけて満潮時間帯の潮位が高くなり、海岸や河口付近の低い土地で浸水や冠水のおそれがあります。
地方潮位情報
  • 9月20日の新月の前後は大潮の時期にあたり、満潮の時間帯を中心に潮位が高くなります。九州北部地方(山口県を含む)および九州南部の一部の沿岸では、海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがあります。
  • 東北地方の太平洋沿岸の一部では、9月18日から9月25日にかけて満潮の時間帯を中心に潮位が高くなるため、海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがあります。
  • 9月20日の新月の前後は大潮の時期にあたり、満潮の時間帯を中心に潮位が高くなります。近畿・中国・四国地方の沿岸の一部では、海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがありますので注意してください。
  • 東北地方の太平洋沿岸の一部では、9月5日から9月12日にかけて満潮の時間帯を中心に潮位が高くなるため、海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがあります。
  • 9月6日の満月の前後は大潮の時期にあたり、満潮の時間帯を中心に潮位が高くなります。近畿・四国地方の沿岸の一部では、海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがありますので注意してください。
全般潮位情報
  • 9月20日の新月の前後は大潮の時期にあたり、満潮の時間帯を中心に潮位が高くなります。東北地方から関東地方北部にかけての太平洋沿岸、西日本の沿岸の一部では、海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがあります。
  • 9月6日の満月の前後は大潮の時期にあたり、満潮の時間帯を中心に潮位が高くなります。東北地方から関東地方北部にかけての太平洋沿岸、西日本の沿岸の一部では、海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがあります。
  • 8月22日の新月の前後は大潮の時期にあたり、満潮の時間帯を中心に潮位が高くなります。東北地方から関東地方北部にかけての太平洋沿岸、西日本、沖縄・奄美の沿岸の一部では、海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがあります。
  • 8月8日の満月の前後は大潮の時期にあたり、満潮の時間帯を中心に潮位が高くなります。東北地方から関東地方北部にかけての太平洋沿岸、西日本の沿岸の一部では、海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがあります。
  • 7月23日の新月の前後は大潮の時期にあたり、満潮の時間帯を中心に潮位が高くなります。東北地方から関東地方北部にかけての太平洋沿岸、西日本の沿岸の一部では、海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがあります。
降灰予報(詳細)
  •  13日23時までに鹿児島市(桜島)ではやや多量の降灰があり、降灰は宮崎県西米良村まで予想されます。
  •  09日12時までに鹿児島市(桜島)ではやや多量の降灰があり、降灰は鹿児島県薩摩川内市まで予想されます。
  •  08日23時までに鹿児島市(桜島)ではやや多量の降灰があり、降灰は鹿児島県錦江町まで予想されます。
  •  08日16時までに鹿児島市(桜島)、鹿屋市、垂水市、大崎町、東串良町、錦江町、南大隅町、肝付町では少量の降灰があり、降灰は鹿児島県肝付町まで予想されます。
  •  06日23時までに宮崎市、都城市、日南市、串間市、三股町、鹿児島市(桜島)、鹿屋市、垂水市、曽於市、霧島市、志布志市では少量の降灰があり、降灰は宮崎県宮崎市まで予想されます。
降灰予報(速報)
  •  1時間以内に鹿児島市(桜島)ではやや多量の降灰があり、降灰は鹿児島県鹿児島市(桜島)まで予想されます。  また、火口から北方向およそ3kmまでの範囲では、小さな噴石が風に流されて降るおそれがあります。
  •  1時間以内に鹿児島市(桜島)ではやや多量の降灰があり、降灰は鹿児島県鹿児島市まで予想されます。  また、火口から東方向およそ1kmまでの範囲では、小さな噴石が風に流されて降るおそれがあります。
  •  1時間以内に鹿児島市(桜島)ではやや多量の降灰があり、降灰は鹿児島県垂水市まで予想されます。  また、火口から南東方向およそ3kmまでの範囲では、小さな噴石が風に流されて降るおそれがあります。
  •  1時間以内に鹿児島市(桜島)ではやや多量の降灰があり、降灰は鹿児島県鹿屋市まで予想されます。  また、火口から東方向およそ4kmまでの範囲では、小さな噴石が風に流されて降るおそれがあります。
  •  1時間以内に鹿児島市(桜島)ではやや多量の降灰があり、降灰は鹿児島県曽於市まで予想されます。  また、火口から東方向およそ3kmまでの範囲では、小さな噴石が風に流されて降るおそれがあります。
府県天候情報
  • 八重山地方では、7月中旬から気温の高い状態が続いています。この状態は、今後2週間程度は続く見込みです。農作物の管理に十分注意してください。また、熱中症の危険が高まりますので、健康管理に十分注意してください。
  • 大東島地方では、7月中旬から気温の高い状態が続いています。この状態は、今後2週間程度は続く見込みです。農作物の管理や熱中症などの健康管理に十分注意してください。
  • 宮古島地方では、7月中旬から気温の高い状態が続いています。この状態は、今後2週間程度は続く見込みです。健康管理や農作物の管理に十分注意してください。
  • 沖縄本島地方では、7月中旬から気温の高い状態が続いています。この状態は、今後2週間程度は続く見込みです。農作物の管理に十分注意してください。また、熱中症の危険が高まりますので、健康管理に十分注意してください。
  • 梅雨明け(6月29日ごろ)以降、奄美地方の南部では降水量が少なくなっています。また、奄美地方では7月15日ごろから気温の高い状態が続いています。この状態は、今後2週間程度は続く見込みです。農作物や水の管理、健康管理等に十分に注意してください。
地方天候情報
  • 沖縄地方では、7月中旬から気温の高い状態が続いています。この状態は、今後2週間程度は続く見込みです。農作物の管理に十分注意してください。また、熱中症の危険が高まりますので、健康管理に十分注意してください。
  • 沖縄地方では、7月中旬から気温の高い状態が続いています。また、沖縄本島地方、大東島地方では7月上旬から、宮古島地方では7月中旬から降水量の少ない状態が続いています。この状態は、今後2週間程度は続く見込みです。農作物や水の管理に十分注意してください。また、熱中症の危険が高まりますので、健康管理に十分注意してください。
  • 関東甲信地方では、7月下旬から日照時間の少ない状態が続いています。この状態は、今後10日間程度続く見込みです。農作物の管理等に十分注意してください。
  • 北海道地方ではオホーツク海側と太平洋側西部を中心に、8月2日頃から日照時間の少ない状態が続いています。また、オホーツク海側と太平洋側を中心に、今後10日程度は日照時間が少なく、平年より気温の低い状態が続く見込みです。農作物の管理等に十分注意してください。
  • 沖縄本島地方、大東島地方、宮古島地方では7月中旬から気温の高い状態が続いています。また、沖縄本島地方、大東島地方では7月上旬から、宮古島地方では7月中旬から降水量の少ない状態が続いています。気温の高い状態は、今後1か月程度は続く見込みです。降水量の少ない状態は、今後2週間程度は続く見込みです。農作物や水の管理に十分注意してください。また、熱中症の危険が高まりますので、健康管理に十分に注意してください。
顕著な地震の震源要素更新のお知らせ
津波警報・注意報・予報a
東海地震観測情報
  •  これは、東海地震に関連する調査情報(定例)です。  カラーレベルは青です。  現在のところ、東海地震に結びつくとみられる特段の変化は観測していま せん。
  •  これは、東海地震に関連する調査情報(定例)です。  カラーレベルは青です。  現在のところ、東海地震に直ちに結びつくとみられる変化は観測していま せん。
  •  これは、東海地震に関連する調査情報(定例)です。  カラーレベルは青です。  現在のところ、東海地震に直ちに結びつくとみられる変化は観測していま せん。
  •  これは、東海地震に関連する調査情報(定例)です。  カラーレベルは青です。  現在のところ、東海地震に直ちに結びつくとみられる変化は観測していま せん。
  •  これは、東海地震に関連する調査情報(定例)です。  カラーレベルは青です。  現在のところ、東海地震に直ちに結びつくとみられる変化は観測していま せん。
全般天候情報
  • 沖縄・奄美では、7月中旬から気温が高い状態が続いています。また、7月上旬から降水量の少ない状態が続いています。この状態は、今後2週間程度は続く見込みです。農作物や水の管理、熱中症に対する健康管理等に十分に注意してください。
  • 北日本太平洋側では8月はじめから、東日本太平洋側では7月下旬から、日照時間の少ない状態が続いています。この状態は、今後10日間程度続く見込みです。また、北日本太平洋側を中心に今後10日間程度は気温が低く、かなり低い所もある見込みです。農作物の管理等に十分注意してください。
  • 東日本の一部と西日本および沖縄・奄美では、7月から気温の高い状態が続いています。この状態は、少なくとも今後2週間程度は続く見込みです。農作物や家畜の管理、熱中症に対する健康管理等に十分注意してください。
  • 東日本と西日本では、7月上旬頃から気温の高い状態が続いているところがあります。この状態は、今後1週間程度は続く見込みです。農作物や家畜の管理、熱中症などの健康管理等に十分注意してください。
  • 東日本太平洋側と西日本では、4月下旬ごろから降水量の少ない状態が続いているところがあります。この状態は、今後1週間程度は続く見込みです。農作物や水の管理等に十分に注意してください。
スモッグ気象情報
噴火警報・予報
  • <御嶽山に噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意):警報解除を発表>  火口から概ね1kmの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなりました。 <噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引下げ>
  • <草津白根山に噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意): 警報解除を発表>  山頂火口から1kmの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなりました 。 <噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意) に引下げ>
  • <霧島山(新燃岳)に噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留 意):警報解除を発表> 火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められなくなりました。 <噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意) に引下げ>
  • <霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)に火口周辺警報(噴火警戒レベル2 、火口周辺規制)を発表>  硫黄山方向が隆起する傾斜変動が繰り返しみられており、硫黄山火口内で 噴出物が確認されました。硫黄山から概ね1kmの範囲では、大きな噴石に 警戒してください。 <噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制) に引上げ>
  • <西之島に火口周辺警報(入山危険)を発表>  西之島で噴火発生。火口から概ね1.5キロメートルの範囲で大きな噴石 に警戒してください。 <噴火予報(活火山であることに留意)から火口周辺警報(入山危険)に引 上げ>
気象特別警報報知
全般スモッグ気象情報
  • 関東甲信、近畿地方では、今日(20日)昼過ぎから夕方にかけて、光化学スモッグの発生しやすい気象状態となるでしょう。 関東甲信、東海、近畿地方では、明日(21日)も光化学スモッグの発生しやすい気象状態となる見込みです。
  • 関東甲信、東海、近畿、中国、四国地方では、明日(20日)は、光化学スモッグの発生しやすい気象状態となる見込みです。
  • 関東甲信、東海、近畿、中国地方では、今日(3日)夕方にかけて、光化学スモッグの発生しやすい気象状態となるでしょう。 また、関東甲信、近畿地方では、明日(4日)も光化学スモッグの発生しやすい気象状態となる見込みです。
  • 関東甲信、東海、近畿、中国地方では、今日(2日)夕方にかけて、光化学スモッグの発生しやすい気象状態となるでしょう。 また、関東甲信、東海、近畿地方では、明日(3日)も光化学スモッグの発生しやすい気象状態となる見込みです。
  • 関東甲信、東海、近畿、中国、四国地方では、今日(1日)夕方にかけて、光化学スモッグの発生しやすい気象状態となるでしょう。 また、関東甲信、東海、近畿、中国地方では、明日(2日)も光化学スモッグの発生しやすい気象状態となる見込みです。
火山現象に関する海上警報・海上予報
津波情報a
噴火速報
地震回数に関する情報
地震の活動状況等に関する情報
津波警報・注意報・予報
津波情報

種類別の発表回数

府県天気概況
390896
府県天気予報
349834
気象警報・注意報
225170
府県週間天気予報
200441
気象特別警報・警報・注意報
188742
地方海上警報
58875
地方海上予報
43113
地方週間天気予報
39425
府県気象情報
37861
紫外線観測データ
30488
降灰予報(定時)
26212
警報級の可能性(明日まで)
25434
気象警報・注意報(H27)
19306
警報級の可能性(明後日以降)
14401
震源・震度に関する情報
12007
地方気象情報
9630
特殊気象報
9550
台風解析・予報情報(3日予報)
7816
噴火に関する火山観測報
7468
生物季節観測
7344
全般海上警報(定時)
7227
竜巻注意情報
6932
府県高温注意情報
6062
土砂災害警戒情報
5064
竜巻注意情報(目撃情報付き)
4354
地方海上警報(H28)
4055
全般台風情報(定型)
3193
火山の状況に関する解説情報
3115
地方海上予報(H28)
3088
指定河川洪水予報
3063
地方1か月予報
2835
全般週間天気予報
2016
異常天候早期警戒情報
2005
震度速報
1761
台風解析・予報情報(5日予報)
1678
全般海上警報(臨時)
1652
府県海氷予報
1378
震源に関する情報
1315
地方高温注意情報
1056
全般気象情報
900
府県潮位情報
873
季節観測
848
スモッグ気象情報
744
地方3か月予報
626
全般台風情報
616
府県天候情報
609
全般台風情報(詳細)
541
記録的短時間大雨情報
329
地方天候情報
262
全般1か月予報
258
地方潮位情報
222
地震回数に関する情報
124
降灰予報(詳細)
117
地方暖・寒候期予報
99
気象特別警報報知
90
降灰予報(速報)
85
全般潮位情報
76
噴火警報・予報
75
津波情報a
69
東海地震観測情報
58
全般3か月予報
57
地震の活動状況等に関する情報
49
津波警報・注意報・予報a
48
津波情報
48
顕著な地震の震源要素更新のお知らせ
47
全般天候情報
32
津波警報・注意報・予報
20
全般スモッグ気象情報
13
火山現象に関する海上警報・海上予報
12
全般暖・寒候期予報
10
噴火速報
3
沖合の津波観測に関する情報
2

気象官署別情報

日付別の発表回数

先頭へ戻る