最新の気象レーダー画像(エコー強度)をGoogle Maps(グーグルマップス)上に表示します。現在の雨雲の動きを確認し、降雨や降雪に関する防災情報としてご活用下さい。なお画像は10分おきに更新し、最新画像から過去7日間の画像を切り替え表示できます。
[最新画像..] [アメダス・ランキング・サービス..] [アメダス降水量マップ..] [アメダス風向・風速マップ..] [イベント検出..] [気象警報マップ..] [アメダス統計..] [集中豪雨..]

レーダー画像(最新7日間)

< 最初< -6時< -1時< -10分+10分 >+1時 >+6時 >最後 >

(注) スライダーを動かしても雨雲(雪雲)のアニメーションがスムーズに動かない場合は、最新のブラウザをお試しください。画像を一度キャッシュに読み込ませてからスライダーを動かすと、雨雲(雪雲)の動きはよりスムーズになります。また台風接近時には、リアルタイムで台風の中心位置(現在地)を追跡することも可能です。

レーダー画像の凡例

本サイトで利用しているデータは「1kmメッシュ全国合成レーダーエコー強度GPV」です。気象庁が保有する全国20台の気象レーダーで観測したエコー強度(レーダーで観測される換算降水強度)が10分間隔で提供されています。

なおリアルタイムレーダー画像で用いている色の凡例を以下に示します(参考:気象庁観測部発行「配信資料に関する技術情報(気象編)第162号」)。

降水量、レーダーエコー強度(単位mm)

-0 0-1 1-2 2-4 4-8 8-12 12-16 16-24 24-32 32-40 40-48 48-56 56-64 64-80 80-

レーダーエコー頂高度(単位km)

-0 0-2 2-4 4-6 6-8 8-10 10-12 12-14 14-

地域情報

他のリアルタイムレーダーサイト

レーダーデータだけから天気を知ることは難しいですが、雨域の時間的な移動を見て今後の動きを予想すれば、簡単な天気予報のように使うことも可能です。また気象庁の降水短時間予報では6時間先まで(30分ごと発表)、降水ナウキャストでは60分先まで(10分ごと発表)の雨量を予想しています(降水短時間予報と降水ナウキャスト)。またレーダーの仕組みについては、気象庁 | 気象レーダーによる観測についてを参考にして下さい。

  1. 国土交通省 防災情報提供センター リアルタイムレーダー
  2. 気象庁 | 解析雨量・降水短時間予報
  3. 気象庁 | レーダー・ナウキャスト(降水量・雷・竜巻)
  4. XバンドMPレーダ雨量情報(国土交通省 川の防災情報)
  5. 東京アメッシュ(東京都下水道局)
  6. 雨量・雷 観測情報(東京電力)

関連ページ

特設ページ