1. 概要

メモリープラットフォームとは日本語に強いて訳せば「記憶のプラットフォーム」であるが、これには2つの視点がある。

第一の視点は、コミュニティにおける個人的記憶や集合的記憶を扱うための情報プラットフォームである。特に、写真や地図を使った記憶の共有や、災害の前後の記憶の共有などを主に対象とする。記憶を共有するためには、まず記憶を収集して保存する研究が必要である。次に、その記憶を人々が思い出し使っていくためには、記憶の比較やプレゼンテーションに関する研究が必要である。これはデジタルヒューマニティーズの研究にも関連し、永続的な記憶の共有を実現する新しいプラットフォームへの道を開くことが第一の目標である。

第二の視点は、ミュージアム(museum)、ライブラリー(library)、アーカイブ(archive)を統合した概念であるmemory institution(記憶の組織)のための情報プラットフォームである。MLAとも呼ばれるこれらの組織は、それぞれ異なる歴史と目的を有しているが、これらの共通性を「メモリー」という観点から取り出すことで、コミュニティにおける知識や記憶の伝承という共通の課題を解いていこうという考え方である。このような考え方には共通性を単純化しすぎとの批判はある。しかし似たようなミッションを持つ制度の共通性を取り出し、デジタルアーカイブを越える新しい情報プラットフォームへの道を開くことが第二の目標である。

本研究で扱うメモリープラットフォームは、これら2つの視点を兼ね備えたものである。つまり、一方ではコミュニティにおける記憶の問題を扱いつつ、同時にそれをコミュニティで共有するための方法論としてMLAを融合した新しい方法を探ることを目指す。

2. メモリーを主題とするウェブサイト

  1. 伊勢湾台風メモリーズ2009 - デジタル台風
  2. 311メモリーズ - 東日本大震災デジタルアーカイブ
  3. イラン・バム城塞の3次元復元
  4. メモリーハンティング

3. 参考文献(全リスト

  1. 北本 朝展, "Memory Platform for Disasters - Raising Awareness to Typhoon and Earthquake Disasters", International Workshop "Toward Building Regional Platform for Disaster Risk Reduction in Asia", 2016年07月 [ 概要 ]