アウトリーチ

活動のリスト

その他の参考ページ

アウトリーチ活動紹介動画

その他の動画

また2003年から2007年まで、NII市民講座のコーディネーターとして、市民講座の企画をずっと担当してきました。この講座は、国立情報学研究所の研究者が一般の方々に情報学研究の最前線を伝えるということが主な目的ではありますが、質問時間を長めに取ったり、質問にウェブで回答したりという方法も取り入れることによって、単なる一方向的な伝達にとどまらない、双方向的なコミュニケーションを実現することを心掛けています。

アウトリーチ(outreach)とは:リーチ・アウト(reach out)という言葉が名詞化された言葉であり、もともとの意味は「手を伸ばす、差し伸べる」などである。(中略)特に、科学者等のアウトリーチ活動と言った場合、「研究所・科学館・博物館の外に出ておこなう単なる出張サービス的な活動ではなく、科学者等のグループの外にいる国民に影響を与える、国民の心を動かす活動」であると認識することが重要である。ただ単に知識や情報を国民に発信するというのではなく、国民との双方向的な対話を通じて、科学者等は国民のニーズを共有するとともに、科学技術に対する国民の疑問や不安を認識する必要がある。一方、このような活動を通じて、国民は科学者等の夢や希望に共感することができる。こうして科学者等と国民が互いに対話しながら信頼を醸成していくことが、アウトリーチ活動の意義であると考えられる。 (平成15年度 科学技術の振興に関する年次報告、文部科学省、p.112