エレクトリカル・ジャパン(Electrical Japan)は、電力供給(発電所マップ)と電力消費(夜景マップ)の「見える化」とシミュレーションを通して、東日本大震災後の日本の電力問題を考えるためのサイトです。

日本全国の再生可能エネルギー出力抑制実績(種類/年ごと最大記録一覧)

日本でも今後に向けて普及への取り組みが進む、再生可能エネルギー(自然エネルギー・低炭素エネルギー)の現状と課題の把握のために、太陽光発電と風力発電の出力抑制(出力制御)について、毎年の最大記録(最大出力抑制比率と最大出力抑制量)の推移を一覧します。なお出力抑制比率とは、ある時刻の出力抑制量を総需要で割った比率(パーセント)を指します。データ更新はリアルタイムではなく、翌月または翌々月です。再生可能エネルギーの拡大については、再生可能エネルギー発電所マップ(ランキング)日本全国の再生可能エネルギー電力供給/割合の現状(種類/年ごと最大記録一覧)再生可能エネルギーの供給力と出力抑制 - 供給区域需給実績再生可能エネルギーの出力抑制の推移 - 供給区域需給実績などもご覧下さい。

太陽光発電 | 風力発電 | 変動性再生可能エネルギーVRE(太陽光発電+風力発電)

太陽光発電の最大記録一覧

2021年 | 2020年 | 2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年

2021年

最大出力抑制比率(割合) - 2021年

九州 49.89 % 3481 MWh 2021-05-03 13:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績当日 当日の天気図

最大出力抑制量 - 2021年

九州 3481 MWh 49.89 % 2021-05-03 13:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績当日 当日の天気図

2020年

最大出力抑制比率(割合) - 2020年

九州 35.01 % 2748 MWh 2020-03-08 13:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績当日 当日の天気図

最大出力抑制量 - 2020年

九州 2803 MWh 34.06 % 2020-02-23 12:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績当日 当日の天気図

2019年

最大出力抑制比率(割合) - 2019年

九州 34.09 % 2571 MWh 2019-04-07 12:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績 当日の天気図

最大出力抑制量 - 2019年

九州 2571 MWh 34.09 % 2019-04-07 12:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績 当日の天気図

2018年

最大出力抑制比率(割合) - 2018年

九州 12.63 % 923 MWh 2018-10-21 11:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績 当日の天気図

最大出力抑制量 - 2018年

九州 925 MWh 12.20 % 2018-11-04 12:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績 当日の天気図

2017年

最大出力抑制比率(割合) - 2017年

最大出力抑制量 - 2017年

2016年

最大出力抑制比率(割合) - 2016年

最大出力抑制量 - 2016年

風力発電の最大記録一覧

2021年 | 2020年 | 2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年

2021年

最大出力抑制比率(割合) - 2021年

九州 4.36 % 326 MWh 2021-04-18 13:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績当日 当日の天気図

最大出力抑制量 - 2021年

九州 329 MWh 4.17 % 2021-04-18 12:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績当日 当日の天気図

2020年

最大出力抑制比率(割合) - 2020年

九州 3.20 % 263 MWh 2020-03-14 14:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績当日 当日の天気図

最大出力抑制量 - 2020年

九州 267 MWh 3.13 % 2020-03-14 13:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績当日 当日の天気図

2019年

最大出力抑制比率(割合) - 2019年

九州 1.59 % 162 MWh 2019-03-16 09:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績 当日の天気図

最大出力抑制量 - 2019年

九州 162 MWh 1.59 % 2019-03-16 09:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績 当日の天気図

2018年

最大出力抑制比率(割合) - 2018年

九州 0.56 % 44 MWh 2018-11-03 13:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績 当日の天気図

最大出力抑制量 - 2018年

九州 44 MWh 0.56 % 2018-11-03 13:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績 当日の天気図

2017年

最大出力抑制比率(割合) - 2017年

最大出力抑制量 - 2017年

2016年

最大出力抑制比率(割合) - 2016年

最大出力抑制量 - 2016年

変動性再生可能エネルギーVRE(太陽光発電+風力発電)の最大記録一覧

2021年 | 2020年 | 2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年

2021年

最大出力抑制比率(割合) - 2021年

九州 50.37 % 3514 MWh 2021-05-03 13:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績当日 当日の天気図

最大出力抑制量 - 2021年

九州 3719 MWh 49.72 % 2021-04-18 13:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績当日 当日の天気図

2020年

最大出力抑制比率(割合) - 2020年

九州 36.70 % 2881 MWh 2020-03-08 13:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績当日 当日の天気図

最大出力抑制量 - 2020年

九州 2885 MWh 35.06 % 2020-02-23 12:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績当日 当日の天気図

2019年

最大出力抑制比率(割合) - 2019年

九州 34.09 % 2571 MWh 2019-04-07 12:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績 当日の天気図

最大出力抑制量 - 2019年

九州 2571 MWh 34.09 % 2019-04-07 12:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績 当日の天気図

2018年

最大出力抑制比率(割合) - 2018年

九州 12.63 % 923 MWh 2018-10-21 11:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績 当日の天気図

最大出力抑制量 - 2018年

九州 925 MWh 12.20 % 2018-11-04 12:00 電力使用状況当日 電力需給実績当日 太陽光発電実績 当日の天気図

2017年

最大出力抑制比率(割合) - 2017年

最大出力抑制量 - 2017年

2016年

最大出力抑制比率(割合) - 2016年

最大出力抑制量 - 2016年

再生可能エネルギー発電所マップ(ランキング)

関連情報

電力需給に関する情報

電力供給(発電所マップ):日本全国の発電所データベースを独自に構築しました。登録した発電所数は1万件以上、インターネット上では日本最大規模のデータベースです。

電力消費(夜景マップ):DMSP衛星による地球の夜景データを用いて、宇宙から見た地球の夜景(夜間光)を可視化しました。2010年のデータ(F182010)を表示しています。Dark Zoneもご覧下さい。

電力供給・需要に関する最新のデータおよび過去のアーカイブは電力使用状況太陽光発電実績風力発電実績電力需給実績日本全国の再生可能エネルギー電力供給/割合の現状(種類/年ごと最大記録一覧)季節ごとの最大電力一覧などをご覧下さい(注意点)。

電力需要に影響を与える最新の気象状況は電力関連気象情報をご覧下さい(例えば気温前日比マップ)。

電力供給・需要に関する過去の統計データは電力統計「見える化」をご覧下さい(注意点)。

空撮で見たメガソーラーのかたちについてはメガソーラーギャラリー(作品集)日本版をご覧下さい。

世界の電力マップはElectrical Planetをご覧下さい(注意点)。

ウェブサイトに関する情報

ツイッター (Twitterによるアカウント凍結のためサービス停止中)

更新情報(発電所数17002件 /最終更新2021年11月28日)

エレクトリカル・ジャパンとは

フィードバック(データ修正・追加)

地球の夜のあかりと電気エネルギー問題- Researchmap (2011-07-09)

エレクトリカル・ジャパン(発電所マップ+夜景マップ)を公開中です- Researchmap (2011-08-17)

データジャーナリズムで日本の電力問題を可視化する- Researchmap (2013-01-28)

地球環境情報学 (Earth Environmental Informatics)