1. ニュース

2. 概要

オープンサイエンスとは、科学研究をより開かれた活動へと変革していく運動であり、より多くの人々がアクセスでき、より多くの人々が協力し、より多くの人々を巻きこみ、より人々から信頼される科学研究を実現することが目標となる。現在の科学研究は複雑に高度化したシステムに支えられており、それを維持する慣性力は非常に強いものがある。とはいえ、科学研究の仕組みには様々な綻びが見えてきているのも確かで、その変革に向けては様々なアイデアが提案されている。特に考えるべき課題は、データとジャーナル、研究評価、そして社会と科学研究の関係である。利便性と透明性の面でオープンな科学研究をどのように実現していけばよいか、理想と現実を踏まえた戦略を考えていくことが重要である。

関連する話題としてクラウドソーシングと市民科学も重要なテーマである。

3. 活動

オープンサイエンスは科学研究の方法を変える「運動」でもあり、それを実現するには様々な活動が必要となる。以下では活動の概要を紹介する。

まずプロジェクトに属するものとして、DIASプロジェクトにおける取り組みがある。このプロジェクトでは、有志のメンバーで「オープンサイエンス勉強会」を開催した。その概要についてはDIASにおけるオープンサイエンスの推進を参照してほしい。

また日本における研究コミュニティの中では、Japan Link Centerの研究データへのDOI登録実験プロジェクトにDIASプロジェクトの代表として参加し、研究データへの識別子付与からオープンサイエンスまで議論を進めた。このコミュニティはその後、研究データ利活用協議会(Research Data Utilization Forum)に発展している。DIASでも2017年4月から研究データへのDOI付与を開始した。

さらに人文学におけるオープンサイエンスの試みとして、我々は情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センターを2016年4月に開設し、データのオープン化や超学際的連携の積極的な推進を通して、人文学研究に新しい方法論を持ち込むことを目指している。

4. ブログ記事

5. 参考文献(全リスト

  1. 北本 朝展, "DIASプロジェクトの取組み", ジャパンリンクセンター活用の為の対話・共創の場(第2回), 2015年2月 [ 概要 ]
  2. 北本 朝展, "オープンサイエンスの現状と地球環境学データ基盤の展望", 第110回地球研セミナー, 2015年5月 (招待講演) [ 概要 ]
  3. 北本 朝展, 川崎 昭如, 絹谷 弘子, 玉川 勝徳, 柴崎 亮介, 喜連川 優, "地球環境情報統融合プログラムDIAS データ共有に基づく社会課題解決", 情報管理, Vol. 58, No. 6, pp. 413-421, doi:10.1241/johokanri.58.413, 2015年9月 [ 概要 ]
  4. 北本 朝展, "オープンサイエンスへのコンバージェンス~同床異夢から共通認識を醸成するコミュニティの形成~", オープンサイエンスデータ推進ワークショップ, 2015年9月 (招待講演) [ 概要 ]
  5. 北本 朝展, 川崎 昭如, 絹谷 弘子, 玉川 勝徳, 柴崎 亮介, 喜連川 優, "地球環境情報統融合プログラムDIAS データ共有に基づく社会課題解決", 情報管理, Vol. 58, No. 6, pp. 413-421, doi:10.1241/johokanri.58.413, 2015年9月 [ 概要 ]
  6. 北本 朝展, "「巨人の肩」とデータサイテーション", 地球研コアプロジェクトFS 第1回研究会, 2015年10月 (招待講演) [ 概要 ]
  7. 北本 朝展, "「研究のバリア」を打破する研究基盤デザインと研究データ利活用", 第2回 SPARC Japan セミナー2015 (オープンアクセス・サミット2015) 「科学的研究プロセスと研究環境の新たなパラダイムに向けて - e-サイエンス, 研究データ共有,そして研究データ基盤 -」, 2015年10月 (招待講演) [ 概要 ]
  8. 北本 朝展, "オープンサイエンスのジレンマ~研究者共同体のインセンティブと結果オープン性へのモチベーション~", 第2回オープンサイエンスデータ推進ワークショップ, 2015年12月 [ 概要 ]
  9. 北本 朝展, "研究現場におけるオープンデータの進め方", 情報・システム研究機構シンポジウム「オープンサイエンスにおける研究データのオープン化」, 2016年2月 (パネルディスカッション) [ 概要 ]
  10. 北本 朝展, "研究データとオープンサイエンスに関する基礎的知識", 研究データとオープンサイエンスフォーラム~RDA東京大会における議論を踏まえた研究データ共有の最新動向~, 2016年3月 [ 概要 ]
  11. 北本 朝展, "「デジタル台風」におけるキュレーションとオープンサイエンス:持続可能なデータプラットフォームに向けた課題", 情報管理, Vol. 59, No. 5, pp. 293-304, doi:10.1241/johokanri.59.293, 2016年8月 [ 概要 ]
  12. 北本 朝展, "オープンサイエンスの動向と情報学分野へのインパクト", 電子情報通信学会技術報告, Vol. 116, No. 259, pp. 1-6, 2016年10月 [ 概要 ]
  13. 北本 朝展, "オープンサイエンスとサステナビリティ~データ駆動型サイエンスの鍵を握る持続可能なデータプラットフォーム~", 第2回北海道大学の国際競争力強化のためのオープンサイエンスワークショップ, 2016年11月 (招待講演) [ 概要 ]
  14. 北本 朝展, 山本 和明, "人文学データのオープン化を開拓する超学際的データプラットフォームの構築", 人文科学とコンピュータシンポジウム じんもんこん2016, pp. 117-124, 2016年12月 [ 概要 ] [ PDF ]
  15. 北本 朝展, "データキュレーションへの期待と課題:自然科学から人文科学まで", 九州大学ライブラリーサイエンス専攻シンポジウム「オープンデータとデジタルヒューマニティーズ」, 2017年1月 (招待講演) [ 概要 ]
  16. 北本 朝展, "ディープラーニングとオープンサイエンス ~研究の爆速化が引き起こす摩擦なき情報流通へのシフト~", 第3回 SPARC Japan セミナー2016 「科学的知識創成の新たな標準基盤へ向けて : オープンサイエンス再考」, 2017年2月 (招待講演) [ 概要 ]
  17. 北本 朝展, "研究データへのDOI付与が意味すること ~DIASにおける経験を踏まえて~", 科学データ研究会・WDS国内シンポジウム, 2017年3月 [ 概要 ]
  18. 北本 朝展, "古いコンテンツを新しいプラットフォームに入れる~「江戸料理レシピデータセット」クックパッド公開の顛末~", 大学の図書館, Vol. 36, No. 4, pp. 48-49, 2017年4月 [ 概要 ]
  19. 北本 朝展, "人文情報学における共創型研究とオープンサイエンスの潮流", 情報処理学会技術報告, Vol. 2017-CH-114, No. 10, pp. 1-7, 2017年5月 (招待講演) (パネルディスカッション) [ 概要 ] [ PDF ]
  20. 北本 朝展, "より開かれた人文学研究に向けて—人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)の挑戦", リポート笠間, No. 62, pp. 16-18, 2017年5月 [ 概要 ]
  21. 北本 朝展, "DOI概論―研究基盤のオープン化に向けたIDの活用", 第3回CODHセミナー 人文学でのDOI活用 〜研究データや所蔵品など研究資源へのDOI付与〜, doi:10.20676/00000010, 2017年5月 [ 概要 ]
  22. 北本 朝展, "古いコンテンツを新しいプラットフォームに入れる~「江戸料理レシピデータセット」クックパッド公開の顛末~", 第25回 大図研オープンカレッジ(DOC)「Linked Open Data を体験」, 2017年6月 (招待講演) [ 概要 ]
  23. 北本 朝展, "デジタルアーカイブのライブラリアンとキュレーター~江戸料理レシピ・クックパッド公開の教訓~", 専門図書館, No. 284, pp. 34-38, 2017年7月 [ 概要 ]
  24. 北本 朝展, "DIASとオープンサイエンス〜DOIの利活用を中心とした世界の動向とDIASの方針〜", 第1回DIASオープンサイエンスセミナー, 2017年7月 [ 概要 ]
  25. 北本 朝展, "DOIを中心とした識別子システムの全体像", 第1回CODHチュートリアル, doi:10.20676/00000320, 2017年8月 (招待講演) [ 概要 ]
  26. Asanobu KITAMOTO, "FAIRness for Citizens: Workflow and Platform for Open Data with a Case Study on Edo Cooking Recipes", Seventh Annual Conference of the Japanese Association for Digital Humanities (JADH2017), pp. 14-16, 2017年9月 (in English) [ 概要 ]
  27. 北本 朝展, "デジタルアーカイブと研究データ: 人文学における利活用の展望", 「デジタルアーカイブ」と「研究データ」の出会いシンポジウム~データの保存と活用へ、ライブラリアンとアーキビストの挑戦, 2017年11月 (招待講演) [ 概要 ]
  28. 北本 朝展, "Data Integration and Analysis System (DIAS)", 第5回 CODHセミナー/第2回 DIASオープンサイエンスセミナー/第1回 研究データ利活用協議会「国内の分野リポジトリ関係者のネットワーク構築」小委員会: 信頼できるデータリポジトリ 〜CoreTrustSeal認証に関する実践的情報共有の場〜, 2017年12月 [ 概要 ]