1. はじめに

デジタル台風プロジェクトは1999年4月22日に生まれ、2009年4月22日に10歳の誕生日を迎えました。本ページでは、プロジェクトの最初の10年間のあゆみをまとめてみます。プロジェクトの「誕生日」として特定の1日を選ぶのは難しいのですが、ここでは「デジタル台風」につながるアイデアが記録に残っている最も古い日である1999年4月22日を誕生日に選びました。まずはその日の前後の状況からまとめてみたいと思います。

なお、本ページは「デジタル台風」プロジェクトの概要や目的をまとめたものではありません。プロジェクトについては決定版といえる資料はありませんが、概要についてはヘルプで紹介されているリンク先や台風のページなどをご覧ください。また参考文献にもいくつか、断片的にプロジェクトを解説したものがあります。

2. 背景

まず当時の状況を振り返ってみましょう。1999年4月といえば、私は大学院の博士課程を終え、文部省学術情報センター(2000年から現在の国立情報学研究所に組織変更)に勤務してから3年目の春でした。博士課程では類似画像検索を研究テーマにしていましたが、この当時もその延長となる画像内容検索の研究を続けていました。しかし、どうもパッとした結果が出ないまま、悶々とした日を過ごしていたのです。

その原因はいくつかありました。第一に、類似画像検索というのは問題の限定が難しいのです。ある限られた範囲を集中的に調べれば結果が出るというものではなく、あれもやってこれもやってというように、多くの作業をこなさなければ結果が出てきません。第二に、類似画像検索というのは目的とゴールがあまり明確ではないのです。もちろん人為的な基準を持ち込んで研究を評価することはできますが、それは現実的な問題の解決に直接的には結び付きません。実はこのような状況は、現在も10年前とそう違わないようにも思えますが。。。

3. ブレインストーミング

このように、既存の枠組みに行き詰まりを感じていた私は、所内でプロジェクトを提案して何人かの研究者の方に入ってもらい、ブレインストーミング的なミーティングで定期的にアイデアを話しながら、従来とは異なる枠組みの研究ができないかを考えていました。当時の電子ファイルを探してみると、1999年4月から5月にかけて、このミーティングを4回開いたことがわかります。

1999年4月8日のミーティングではリモートセンシングにおけるデータベースのサーベイをおこない、これらのデータベースの検索機能が伝統的なものにとどまっていて、画像の内容を反映した検索機能がないことを指摘しています。

続いて1999年4月15日のミーティングでは、今後の重要な研究ポイントとして、画像内容に基づく検索機能や、検索インタフェースの改良、画像転送技術、画像圧縮技術、ネットワーク環境での衛星画像データベースの研究テーマなどを列挙し、特に最後のトピックについてはメタサーチエンジンのようなシステムが必要ではないかと提案しています。

ただしここまでの議論の内容は、所詮は従来の研究の延長にとどまっており、それほど新しいアイデアは見られません。そのうえ「台風」という言葉は、まだ資料には1度も登場していません。私はこの時点では、まだ「デジタル台風」のアイデアには到達していなかったようです。

そして1999年4月22日のミーティング。ここでようやく「台風」という言葉が出現しました。それが1999年4月22日の打ち合わせ資料です。検索対象として興味深いデジタル情報を探しているうちに、「台風の中心位置」データが過去にさかのぼって入手できることに気付いたのです。それなら、中心位置にあわせて衛星画像を切り出せば、「台風の画像コレクション」が作れるのではないだろうか。。。こういう発想がひらめいたのが4月15日から4月22日のいつか、そこまでは残念ながらわかりませんので、4月22日が「デジタル台風」の事実上の原点であると言ってよいでしょう。

続いて1999年5月13日の打ち合わせ資料を読むと、前回はまだ明確ではなかった「台風の画像データベース」のイメージがかなり明確になり、いろいろな角度から検討が進んだことがわかります。誕生日から3週間ほどしか経過していませんが、この資料で提案している研究の骨組みは現在のものにかなり近いと言えます。したがって「デジタル台風」プロジェクトの基本方針は、最初の3週間でかなり固まっていたと言えるでしょう。

4. それから10年

それから10年が経過しました。現在から見ると、この最初のアイデアはどう評価できるでしょうか。以下に簡単にまとめてみたいと思います。

  1. 10年前の構想はその後も大きな変更なく続いていますので、当時からプロジェクトの行き先はよく見えていたようです。利用するデータの特徴やプロジェクトのポイントなどについても、おおむね適切に把握できていると思います。
  2. 一方で、たった3週間で計画した研究課題が、それから10年たってもまだ終わってないのか、、ということには愕然とさせられました。「光陰矢の如し」とか、「言うは易く行うは難し」とか、言い古された言葉が頭に浮かんできます。このペースでは、完結までに一体あと何年かかるのでしょうか。。。

ただしここで付け加えたいのは、この10年間は、当初計画「だけ」をやっていたわけではないということです。むしろ研究の進展に伴って他のテーマに時間を割くようになったため、当初に考えていたテーマを後回しにしたのも確かです。特に当初の計画ではよく見えていなかったのが、以下のようなテーマでしょう。

リアルタイム性
「デジタル台風」プロジェクトが飛躍する第一のきっかけは、リアルタイムデータの提供にありました。過去のデータよりもリアルタイムデータの方が需要ははるかに大きいのですが、この当時はまだ、どちらかというと過去データの解析とマイニングに重点を置いていたような気がします。
異種データの統合
当初の計画では「気象衛星画像」を中心に考えており、アメダスやニュース記事などの異種データとの統合はそれほど考慮していませんでした。このような異種データは、入手可能性が見えた段階で初めて統合を考えるという面もありますが、当時は台風経路データさえ入手方法を知らないという無知な状態でしたので、これはやむを得ないところでしょう。
参加型メディアの展開
「デジタル台風」の第二の飛躍は、ブログなどの参加型メディアの興隆とともに訪れました。1999年4月22日の打ち合わせ資料でも、社会に役立つデータを提供することによりユーザからフィードバックを収集する、というところまでは想定していましたが、双方向的にユーザ生成データを統合したデータベースに発展させていくという方向性はまだ見えていませんでした。

実は私の脳内にある構想から見れば、現在の「デジタル台風」はまだ道半ばに過ぎません。さて、あとどのくらい続ければ、このプロジェクトは完成するのでしょうか。

4. 今後に向けて

プロジェクトというのは、区切り(終わり)のある仕事です。10年たってもプロジェクトが道半ばというのはなんだか気が遠くなりますけれども、そこで思い出すのがバルセロナにあるサグラダ・ファミリアです。

アントニオ・ガウディの設計(構想)によるこの建築は、1882年の着工から100年以上が経過した今も完成に至っておらず、このペースでは完成までに数百年かかるのではないかとも言われていました(現在は工事がスピードアップして完成予定が早まったようですが)。現在のサグラダ・ファミリアでは周囲のファサードの建築が進んでおり、既にいくつかのファサードや小さな塔はほぼ完成していますが、最終的にはすべての部分がつながり、中央にはひときわ高い「イエスの塔」が建って完成を迎える予定です。

本家と比べるのはおこがましいですが、私もたまに「デジタル台風」プロジェクトを「サグラダ・ファミリア」になぞらえてイメージすることがあります。現在のところは、いろいろな方向から人々を迎え入れるためのファサードの建築が進みつつあり、周囲を取り囲む小さな塔のいくつかもかなり完成してきたような段階でしょう。しかし、全部が一つの建築として融合する段階には至っておらず、工事中の部分もあちこちに残り(目立たないように「覆い」はかけてますが)、最終的な完成予想図もまだ明確には見えてきていません。

ただ、この先も地道に一つずつ石を積み上げていけば、いずれは一つのものとして形を表す時が来るでしょう。そして、すべてのファサードと、小さな塔に支えられたひときわ高いシンボリックな塔が真ん中に聳えたったとき、このプロジェクトは完成を迎えるでしょう。その「高い塔」とは何なのか。私の脳内にイメージはありますけれども、まだ具体的に言える段階ではありません。しかも建ったと思った瞬間に、ガラガラと崩れてしまうかもしれません(笑)。

それはともかく、開始当初は10年も続けるとは思わなかったプロジェクトですが、とにかく何事も時間がかかるものだな、ということは痛感しています。プロジェクトの20周年というのはさすがにないかもしれませんが(?)、全体の建築が完成するまで、もう少し頑張ってみようと思います。

5. 主要年表

1999年04月22日
現在の「デジタル台風」につながる構想が初出した。
1999年05月06日
それまで運営していた自前のウェブサイトを、ネットワークポリシー変更により閉鎖。これ以後2年半にわたってウェブサイト構築とは無縁の生活を送るが、その間も常に、ウェブサイトの復活に向けた構想は練っていた。
2000年07月04日
digital-typhoon.orgドメインを取得。この頃までにプロジェクト名「デジタル台風」は固まっていた。ちなみに「デジタル台風」という名前は、デジタルアースというコンセプトにならったもの。
2001年12月27日
自前のウェブサイトが復活。この時に、過去データのみを対象とした「デジタル台風」ウェブサイトも誕生したが、主な目的は「画像内容検索」研究のデモであり、デザインも今のものとは全く異なっていた。
2003年01月12日
「デジタル台風」ウェブサイトのデザインが現在の原型となった。この頃からリアルタイムデータの提供に力を入れるようになる。
2003年01月18日
ニュース・ウェブログ台風200301号からスタート。前年の12月から試験的に開始していたものをサイト内に位置づけした。
2003年05月20日
Yahoo!ニュースの台風関連記事の自動収集を開始。これが後になって台風ニュース・トピックスとなった。
2003年5月22日
「デジタル台風」の静止気象衛星データが「ひまわり5号」から「ゴーズ9号」に変更となった。
2003年07月22日
Yahoo!カテゴリに登録。この頃から、一般にもウェブサイトを広報する方向へと方針転換した。
2003年09月03日
台風情報RSSフィードの配信を開始。この頃から、HTML形式以外の情報配信方法についても頭の片隅に入れるようになる。
2004年02月11日
ケータイ版(携帯版)を開始。最初からケータイ版を作る計画はあったが、ここまでのびのびになっていた。
2004年05月03日
eye.tcドメインを取得し、「デジタル台風」と並ぶユーザ参加型のサイトは、「眼」をテーマにすることに決定。
2004年06月10日
台風への眼サイトオープン。これ以後、ユーザ参加型サイトをeye.tcドメイン下で展開することになる。
2004年07月28日
空の定点観測画像の連続撮影を開始。これ以後5年以上継続して、空を1分ごとに連続撮影してアーカイブ化し、地上と宇宙の視点の統合を狙った。
2004年08月10日
デジタル台風(たいふう)キッズがオープン。科学データを子供でも検索して楽しめるようにした。また同じ日に、トップページのページビュー数が100万を越え、秘かに目標としていた100万アクセスを越えた。
2004年10月20日
台風200423号が日本に上陸し、この年10個目の上陸台風(新記録)となった。日本全国で大きな被害が生じたこの台風も含めて、この秋は図らずも「デジタル台風」が多くのユーザの注目を集めるきっかけとなった。
2005年02月09日
アメダス統計がオープンし、過去のアメダスデータで台風を分析することができるようになった。
2005年02月25日
ブログMTSAT打ち上げを追う!をオープン。デジタル台風に不可欠な気象衛星「ひまわり」にまつわるニュースを以後フォローすることになる。
2005年05月24日
台風災害データベースがオープンし、災害データとの統合を進めるようになった。
2005年07月12日
iPod版がオープンし、クリックホイールというデバイスの特徴を活かした台風画像の楽しみかたを提案した。ただし現在のiPodではこの楽しみ方が難しいため、今後はiPhone用に考えていく必要がありそうである。
2005年08月11日
Google Earth版がオープン。これ以後、多くのデータをGoogle Earthに対応させることになった。Google Earthの登場は、地球環境データの公開方法に巨大なインパクトを与えたと思う。
2005年08月28日
気象予報士試験に合格(合格率4.1%)し、気象予報士として予報を出すことが可能となった。
2006年01月22日
気象災害データベースがオープン。これによって台風を災害状況で検索するなど、さらに多角的に検索することが可能となった。
2006年07月19日
「デジタル台風」の衛星画像の大幅なデータ増強(1981年〜1995年)と、新サイト台風前線を公開し、同時に報道発表を開催(ニュース)。この日は、「デジタル台風」が一段上のスケールに発展した日として、主要年表の中でも特に重要な日である。
2006年09月16日
「デジタル台風」のトップページのページビュー数が1000万越え。
2006年11月16日
ご意見・お問い合わせのページを開設し、ユーザからのフィードバックを受け取れるようにした。
2007年07月14日
アメダスデータがリアルタイム配信に対応できるようになったため、アメダスの大雨と強風をランキングするアメラスを公開し、現在の台風と現在の集中豪雨とを関連付けられるようになった。
2007年08月06日
アメダス集中豪雨を現在のサイトの形にリニューアルし、同時にアメダスイベント検出を公開することで、現在発生している大雨を自動的に検出してアラートを出せるようになった。
2007年09月01日
台風前線を「台風前線2」にリニューアル。これが現在のデザインである。
2007年09月07日
Google Mapsの活用の一環として、アメダス降水量ランキング(Google Maps版)を公開。
2007年12月04日
台風前線が第11回 文化庁メディア芸術祭 アート部門にて「審査委員会推薦作品」に選ばれた(ニュース)。「デジタル台風」のメディアアートへの展開はかなり初期から考えていたことでもあるし、「デジタル台風」が公に評価された初の機会でもあるので、主要年表の中でも特に感慨深い日である。
2008年04月12日
台風画像コレクションを1978年まで拡大し、ひとまず過去への遡及入力は完了。
2008年04月19日
Twitter版を開始。ミニブログ系サービスへも対象を広げた。
2008年04月24日
台風前線がアックゼロヨン・アワードを受賞(ニュース)。
2008年07月11日
台風画報を開始。このブログパーツによって、デジタル台風とブログとの連携が進んだ。
2008年11月17日
ニュース・ウェブログが、台風200821号をもって、台風のアジア名ちょうど一周分の記事執筆を達成。
2008年12月04日
アメダス豪雨事例クラスタリングを公開し、研究に直接的に役立つ処理データの提供にも取り組むようになった。
2009年03月20日
台風メモリーズを公開。「デジタル台風」がウェブ空間を飛び出してミュージアムにて体験できるようになった。
2009年04月09日
デジタルフォトフレーム版を公開し、伝統的なウェブブラウザとは異なるルートに情報配信を広げた。
2009年04月25日
10周年記念日から3日遅れで、本ページを公開。

その他の更新については、更新履歴も参照して下さい。

なお「デジタル台風」ウェブサイトのデザインは、1998年4月11日から5月24日に東京・渋谷Bunkamuraで開催された「モンドリアン展」を見て、彼の「コンポジション」シリーズに触発されて作ったものです。

6. 参考文献(全リスト

  1. Asanobu KITAMOTO, "Digital Typhoon: Emergency Information System Enabled By Ranking and Sharing of Multimedia Data", Pacific-Rim Symposium on Image and Video Technology (PSIVT) 2009, Vol. CD-ROM Proceedings (Demo Session), pp. D-II-7, 2009年01月 (in English) [ 概要 ]
  2. 北本 朝展, "検索と共有に基づく防災情報〜デジタル台風を例として〜", 平成20年度 河川情報シンポジウム, 2008年12月 (招待講演) [ 概要 ]
  3. Asanobu KITAMOTO, "Digital Typhoon: A Data-Centric Approach to Earth Science Data", Proceedings of the International Symposium: Fifty Years after IGY - Modern Information Technologies and Earth and Solar Sciences, pp. P-56, 2008年11月 (in English) [ 概要 ]
  4. 北本 朝展, "参加型メディアの可能性〜台風情報を対象とした参加型メディア『台風前線』", 情報通信ジャーナル, Vol. 26, No. 9, pp. 42-43, 2008年9月
  5. 北本 朝展, "デジタル台風:自然現象を検索する技術とその課題", 北海道大学「グローバルCOEプログラム」講演会, 2008年07月 [ 概要 ]
  6. Asanobu KITAMOTO, "Digital Typhoon: A Data-Centric Approach to Events on the Earth", International Symposium: Sentinel Earth, Detection of Environmental Change, No. S3-04, 2008年07月 (招待講演) (in English) [ 概要 ] [ PDF ]
  7. 北本 朝展, "Vertical Typhoon: GPVデータに基づく台風の鉛直構造データベース", 日本地球惑星科学連合2008年大会, No. J247-P004, 2008年05月 [ 概要 ] [ PDF ]
  8. 北本 朝展, "台風前線:大規模自然イベントを象徴とする時空間インタラクション", インタラクション2008, pp. 77-78, 2008年03月 [ 概要 ]
  9. 北本 朝展, "今後の科学技術情報の提供〜「デジタル台風」プロジェクトの経験から", 国立国会図書館 公開研修会, 2007年11月 (招待講演) [ 概要 ]
  10. 北本 朝展, "デジタル台風:大規模時系列データのマイニングとサーチ", 電子情報通信学会 データ工学研究専門委員会 第二種研究会チュートリアル, pp. 21-49, 2007年11月 (招待講演) [ 概要 ]
  11. Asanobu KITAMOTO, "Participatory Media and e-Culture - How the Present Information is Aggregated and Archived in "Digital Typhoon" Website", 24th APAN (Asia-Pacific Advanced Network) Meeting, 2007年08月 (in English) [ 概要 ]
  12. 北本 朝展, "デジタル台風:多様なセンサを用いたリアルアースからデジタルアースへのデジタル化", 日本地球惑星科学連合2007年大会, No. J254-003, 2007年05月 [ 概要 ] [ PDF ]
  13. 北本 朝展, "デジタル台風:巨大な嵐を多面的に捉えるための地球情報融合基盤", グリッド協議会 第19回ワークショップ, 2007年02月 (基調講演) [ 概要 ]
  14. 北本 朝展, "URI免疫化:参加型システムにおけるスパム避けの一手法", 電子情報通信学会 Webインテリジェンスとインタラクション研究会, No. WI2-2006-73, pp. 45-50, 2006年11月 [ 概要 ] [ PDF ]
  15. 北本 朝展, "デジタル台風:地球科学データと異種データの統合ウェブプラットフォーム", 第4回SGEPSSデータ問題検討分科会, 2006年11月 (招待講演) [ 概要 ]
  16. 北本 朝展, "「デジタル台風」と「台風前線」 - 過去と現在の台風データを統合した台風情報サイト", OHM, Vol. 93, No. 10, pp. 6-7, 2006年10月
  17. 北本 朝展, "台風情報 〜 情報技術によって変わるメディアの伝え方とは", 平成18年度NII市民講座 第4回, 2006年09月 [ 概要 ]
  18. 北本 朝展, "デジタル台風:各地からの自発的な情報発信でつながる台風情報", ワークショップ「センサーネットワークの展開と応用」, 2006年07月 (招待講演) [ 概要 ]
  19. 北本 朝展, "科学情報2.0:アマもプロも共用するウェブ・プラットフォームを目指して", 情報通信研究機構(NICT) 電磁波計測研究センター談話会, 2006年09月 (招待講演) [ PDF ]
  20. 北本 朝展, "ウェブスパムをかわすためのURI免疫化", NIIテクニカル・レポート, No. NII-2006-010J, pp. 1-12, 2006年07月 [ 概要 ] [ PDF ]
  21. Asanobu KITAMOTO, "Digital Typhoon: Toward the Hub of Typhoon Emergency Information Aggregated from Various Sources", NII International Workshop on Cyber Science Infrastructure, pp. 119-131, 2006年03月 (in English) [ 概要 ]
  22. 北本 朝展, "デジタル台風:地上と宇宙の多様なデータを網羅的に統合した台風データベース", 第15回生研フォーラム「宇宙からの地球環境モニタリング」, pp. 49-50, 2006年03月 [ 概要 ] [ PDF ]
  23. 北本 朝展, "デジタル台風 - 網羅的な台風データベースはどう「使える」のか? -", 東京工芸大学「21世紀COEプログラム」オープンセミナー, No.37, 2005年11月 (招待講演) [ 概要 ]
  24. 北本 朝展, "デジタル台風:異種データストリームを融合した準リアルタイム台風データベース", 画像の認識・理解シンポジウム (MIRU 2005), pp. DE-14, 2005年07月 [ 概要 ]
  25. 北本 朝展, "自然災害等の緊急時における情報集約のためのコンテンツ管理システム", 第19回人工知能学会全国大会, No. 3C3-02, 2005年06月 [ 概要 ] [ PDF ]
  26. Asanobu KITAMOTO, "Digital Typhoon: Near Real-Time Aggregation, Recombination and Delivery of Typhoon-Related Information", Proceedings of the 4th International Symposium on Digital Earth (ISDE), pp. (CD-ROM), 2005年03月 (in English) [ 概要 ] [ PDF ]
  27. 北本 朝展, "「デジタル台風」プロジェクト:大規模時系列画像データベースのマイニングにむけて", サイエンティフィック・システム研究会「データマイニングとサイエンティフィックコンピューティング」, 2004年10月 (招待講演) [ 概要 ] [ PDF ]
  28. 北本 朝展, "メテオインフォマティクスへの構想とその展開", 気象庁予報部予報課談話会, 2003年06月 (招待講演)
  29. 北本 朝展, "データマイニングのためのデータ再配列エンジン", 電子情報通信学会技術報告, Vol. PRMU2003-78, pp. 19-24, 2003年09月 [ 概要 ] [ PDF ]
  30. Asanobu KITAMOTO, "Digital Typhoon: Near Real-Time Aggregation, Recombination and Delivery of Typhoon-Related Information", Proceedings of the 4th International Symposium on Digital Earth (ISDE), pp. (CD-ROM), 2005年03月 (in English) [ 概要 ] [ PDF ]
  31. 北本 朝展, "自然現象での予兆発見〜台風予測に欠けているもの〜", チャンス発見の情報技術--ポストデータマイニング時代の意思決定支援, 大澤 幸生 (編), pp. 43-56, 東京電機大学出版局, ISBN 4-501-53640-3, 2003年09月 [ 概要 ]
  32. 北本 朝展, "大規模科学データベースからの知識発見:「デジタル台風」プロジェクトを例として", NII定例研究会, 2002年09月 [ 概要 ]
  33. 北本 朝展, "気象衛星の雲画像を用いた台風データマイニング", 気象庁予報部予報課談話会, 2001年09月
  34. Asanobu KITAMOTO, "Analysis and Prediction of Typhoon From Informatics Perspective", A Seminar at Institut de Recherche en Informatique de Nantes (IRIN), University of Nantes, 2001年06月
  35. Asanobu KITAMOTO, "Digital Typhoon: From an Informatics Perspective", A seminar at Department of Computer Science and Engineering, University at Buffalo, the State University of New York, 2002年08月
  36. 北本 朝展, "情報学的視点による台風研究および台風画像データマイニング", 気象衛星センター談話会, 2002年01月 (招待講演)
  37. 北本 朝展, "台風時系列画像のマルチプルアラインメントに基づくデータマイニング", 電子情報通信学会技術報告, Vol. PRMU2002-159, pp. 79-84, 2002年12月 [ 概要 ] [ PDF ]
  38. Asanobu KITAMOTO, "IMET: Image Mining Environment for Typhoon Analysis and Prediction", Multimedia Mining, Djeraba, C. (編), pp. 7-24, Kluwer Academic Publishers, ISBN 1-4020-7247-3, 2002年11月 (in English) [ 概要 ]
  39. Asanobu KITAMOTO, "Evolution Map: Modeling State Transition of Typhoon Image Sequences by Spatio-temporal Clustering", Discovery Science (DS2002), Lecture Notes in Computer Science (LNCS) 2534, Lange, S., Satoh, K., and Smith, C.H. (編), pp. 283-290, Springer, doi:10.1007/3-540-36182-0_26, 2002年11月 (in English) [ 概要 ]
  40. Asanobu KITAMOTO, "Typhoon Analysis and Data Mining with Kernel Methods", Pattern Recognition with Support Vector Machines (SVM2002), Lecture Notes in Computer Science (LNCS) 2388, Lee, S.W., and Verri, A. (編), pp. 237-248, Springer, doi:10.1007/3-540-45665-1_18, 2002年08月 (in English) [ 概要 ]
  41. Asanobu KITAMOTO, "Spatio-temporal Data Mining for Typhoon Image Collection", Journal of Intelligent Information Systems, Vol. 19, No. 1, pp. 25-41, doi:10.1023/A:1015560319636, 2002年07月 (in English) [ 概要 ]
  42. 北本 朝展, "ネットワークに基づく衛星画像の内容検索システム「台風画像データベース」プロジェクト", COE 支援プログラム研究報告書, pp. 103-108, 学術情報センター, 2000年03月
  43. 小野 欽司, 北本 朝展, 計 宇生, フレデリック アンドレス, "ネットワークに基づく分散型地球環境データベースの構築 最終成果報告書", 平成13年度 創造的情報通信技術研究開発推進制度 最終成果報告書 (III), 通信・放送機構, pp. 1327-1450, 2002年11月 [ 概要 ]
  44. 北本 朝展, "台風画像コレクションからの予兆発見", 人工知能学会研究会資料, Vol. SIG-FAI-A103, pp. 19-26, 2002年01月 [ 概要 ] [ PDF ]
  45. Asanobu KITAMOTO, "Analysis and Prediction of the Typhoon from an Informatics Perspective", Proceedings of the 8th International Workshop on Academic Information Networks and Systems (WAINS), pp. 43-52, 2001年10月 (in English) [ 概要 ] [ PDF ]
  46. Asanobu KITAMOTO, "Data Mining for Typhoon Image Collection", Proceedings of the 2nd International Workshop on Multimedia Data Mining, pp. 68-77, 2001年08月 (in English) [ 概要 ] [ PDF ]
  47. 北本 朝展, "気象衛星の雲画像を用いた台風データマイニング", 気象庁予報部予報課談話会, 2001年09月
  48. 北本 朝展, 小野 欽司, "日本とタイの国際共同研究に基づく台風データの収集および台風画像データベースの構築", NII Journal, No. 2, pp. 15-26, 2001年03月 (in English) [ 概要 ] [ PDF ]
  49. 北本 朝展, "Holistic Analysisを用いた台風雲パターンの解析", 電子情報通信学会技術報告, Vol. PRMU2000-240, pp. 129-136, 2001年03月 [ 概要 ] [ PDF ]
  50. 北本 朝展, 小野 欽司, "台風画像コレクションの構築および台風解析への応用", NII Journal, No. 1, pp. 7-22, 2000年12月 [ 概要 ] [ PDF ]
  51. Asanobu KITAMOTO, "Enhancing the Quality of Typhoon Image Database Using NOAA AVHRR Data Received in Thailand", Proceedings of the 7th International Workshop on Academic Information Networks and Systems (WAINS), pp. 1-11, 2000年12月 (in English) [ 概要 ] [ PDF ]
  52. 北本 朝展, "台風雲パターンの衛星画像解析に基づく台風データベースの構築", 情報処理学会 第61回全国大会, Vol. 2-3V-5, pp. 217-218, 2000年10月 [ 概要 ] [ PDF ]
  53. 北本 朝展, "台風雲パターンの衛星時系列画像を対象とした楕円形状分解手法", 電子情報通信学会 2000年ソサイエティ大会, Vol. D-12-2, pp. 189, 2000年09月 [ 概要 ] [ PDF ]
  54. 北本 朝展, "「デジタル台風」 -- 人工知能的アプローチに基づく台風解析", 情報処理学会技術報告, Vol. CVIM123-8, pp. 59-66, 2000年09月 [ 概要 ] [ PDF ]
  55. Asanobu KITAMOTO, "The Development of Typhoon Image Database with Content-Based Search", Proceedings of the 1st International Symposium on Advanced Informatics (AdInfo), pp. 163-170, 2000年03月 (in English) [ 概要 ] [ PDF ]