台風200314号 (MAEMI) 台風の名前 = マエミー (MAEMI) : せみ [北朝鮮]

2003年10月8日

台風に関する予兆発見という研究を始め、台風ウォッチを続けていると、台風の生き様(?)がなかなか不思議で多様なものであることが実感できる。そんな意味で今年最も印象に残った台風は、なんといっても宮古島を直撃した台風14号(MAEMI)。

この台風、そもそも発生直後は、はかなく消えてしまいそうな印象の台風だった。気象庁の台風予報もせいぜい並の台風といったところで、この時点では何十年ぶりという暴れん坊の一生は想像もできなかったのである。そんな小さな台風が太平洋上をゆるゆる進むという平穏な日々が数日続いた後、情勢は急変した。台風が急発達を始めたのである。

宮古島に接近するにつれて、台風勢力の予報は繰り返し上方修正された。そして、「この台風は30年ぶりに強い台風だ」という情報がニュースで流れ始めた。徐々に緊張感が高まる中、台風は勢力を強めながら、まるで宮古島を狙うかのように不気味に直進を続けた。

その強さがピークに達した頃に台風は宮古島を直撃。最大瞬間風速は74.1m/s (267km/h)に達し、台風に強い宮古島にもかかわらず甚大な被害を引き起こした。そして台風は韓国に上陸し、韓国にも死者不明129人・史上最大規模の物的被害という莫大な損害が発生したのである。

この台風の一生を目の当たりにすると、やはり予測というものの困難さを感じる。たとえ最初は小さくても、発達の条件が揃えば「大化け」することがある。発生直後の印象だけでは、その一生は予測できない。そんな感想をもった。

我々にできることは、その「大化け」の前に、その予兆を早めに発見すること。そのタイミングが早ければ早いほど、対策をおこなう時間も増える。また、最大瞬間風速74.1m/sなどの単なる数字を、リアルに実感できるような情報伝達法。私自身も未体験の数字なので実感を持つことは難しいが、例えばそれが新幹線「のぞみ」の運転席にガラスなしで座ったときに受ける風速と同じ、と伝えられれば、人によってはもう少しリアルな感覚を持てるのではないだろうか。

なお、この台風に関する画像データやニュースは、「デジタル台風」ウェブサイト http://www.digital-typhoon.org/ にまとめてあるので、ぜひアクセス頂きたい。

初出:チャンス発見通信(第10号)

2003年9月13日

韓国での台風14号被害も徐々に伝わってくるようになりました。ある集計によると、死者・不明100人を越える模様です。また済州島での最大瞬間風速60m/sは、韓国の観測史上最大だそうで、やはり今回の台風は中心付近での強風に特徴があるようです。さらに北朝鮮での被害となると憶測の域をでませんが、構造が弱い建築物は今回の強風では一たまりもないような気がします。

2003年9月12日

気象庁の予測によると、台風14号は日本海を通過して北海道へ接近するようです。台風通過地域に限らず、強風による災害には十分にご注意下さい。台風10号で既に大きな被害を受けた北海道ですので、再度の災害が発生しないことを祈ります。

2003年9月12日

台風14号による被害状況が次第に明らかになりつつありますが、特に台風の中心が通過した宮古島周辺に台風被害が集中しています。宮古島で観測した最大瞬間風速74.1m/sというのは、時速に換算すると267km/hに相当し、これは新幹線の運行速度やジェット機の離陸速度に近い値です。とても外を歩けるような風ではないことがわかります。以下では、関連情報や写真を掲載するウェブサイトをいくつかまとめました。

新聞

テレビ

現地の状況

2003年9月11日

台風14号は宮古島付近を通過しました。 宮古島地方気象台によると、 宮古島では台風の目に入る前の9月11日午前03時12分に、最大瞬間風速74.1m/sを観測しました。これは最近30年間に日本国内で観測された台風の瞬間風速としては最大の記録です(日本国内歴代7位)。また最低海面気圧についても、午前04時12分に912.0hPaを観測しました(日本国内歴代4位)。全島がほぼ停電している影響か、現時点ではあまり情報が伝わってきません。

2003年9月10日

台風14号は宮古島に向けてまっすぐに進んでいます。この台風は数年に1つしか見られないほどの急速な発達を遂げ、1999年以降で最も強い台風となりました。台風がよく通過するこの地域でもまれなほど強い台風ですので、特に宮古島の状況が心配です。

2003年9月10日

台風14号は急速に発達しました。昨日までとは状況が一変していますので、最新の台風情報をもう一度ご確認下さい。今回の台風は、画像を見てもわかるように、それほど大型の台風ではありませんが、大型でなく非常に強い台風というのは、中心付近にエネルギーが集中している分、台風が直撃した場合の被害が大きくなることがあります。

2003年9月9日

台風14号は今日になって勢力を強めてきました。日本付近に接近するとの予測もありますので、台風情報にはご注意ください。

2003年9月6日

台風14号(MAEMI)が発生しました。いくつかの気象機関からは、日本付近に接近するとの予想が出ています。9月は台風が最も強くなる時期ですので、早めの対策が必要かもしれません。

リンク集

関連する台風ブログ記事

  1. 2007年台風11号(ナーリー|NARI)
  2. 2010年台風4号(ディアンムー|DIANMU)
  3. 2012年台風15号(ボラヴェン|BOLAVEN)
  4. 2008年台風21号(ノウル|NOUL)
  5. 2006年台風3号(イーウィニャ|EWINIAR)
  6. 2004年台風13号(ラナニム|RANANIM)
  7. 2006年台風13号(サンサン|SHANSHAN)
  8. 2006年台風8号(サオマイ|SAOMAI)
  9. 2015年台風15号(コーニー|GONI)
  10. 2014年台風8号(ノグリー|NEOGURI)