台風201817号 (HECTOR) ハリケーン名 = ヘクター (HECTOR)

2018年8月14日 17:15 JST

台風17号(HECTOR)は、もともと8月1日にメキシコ沖で誕生したハリケーンです。その後2週間かけて太平洋を横断し、ハワイの南を通り抜け、東経180度まで達した時点で台風と呼ばれるようになりました。一時は勢力を強めてハリケーン(hurricane)にまで発達しましたが、その後はトロピカルストーム(tropical storm)へと勢力を弱めており、残された寿命はもうあまり長くはなさそうです。 なお、台風やハリケーンの強度については台風(タイフーン)・ハリケーン・サイクロン、また名前の付け方については台風の名前(アジア名)などもご覧下さい。

2018年8月14日 8:30 JST

台風17号(HECTOR)がミッドウェー諸島近海で発生しました。西経域から入った熱帯低気圧(台風強度以上、ハリケーン強度以下)を起源とする、いわゆる越境台風です。これは台風201517号以来、約3年ぶりとなります。日本への影響はほとんどない見込みです。

関連する台風ブログ記事

  1. 2013年台風13号(ペバ|PEWA)
  2. 2013年台風14号(ウナラ|UNALA)
  3. 2006年台風12号(イオケ|IOKE)
  4. 2014年台風13号(ジェヌヴィーヴ|GENEVIEVE)
  5. 2013年台風16号(イートゥー|YUTU)
  6. 2013年台風のまとめ
  7. 2006年台風のまとめ
  8. 2015年台風12号(ハロラ|HALOLA)
  9. 2007年台風のまとめ
  10. 2012年台風のまとめ