台風200401号 (SUDAL) 台風の名前 = スーダエ (SUDAL) : かわうそ [韓国]

2004年4月14日

台風1号の巨大眼は直径100kmもの大きさに達しており、ここ数日そのサイズが保たれていましたが、北上するとともにその形は崩れつつあるようです。予報によると台風1号は、小笠原諸島に接近する可能性があります。

2004年4月14日

ミクロネシア連邦政府の4月12日記者発表「ヤップ島の緊急事態」によると、ヤップ島の被害は以下のように深刻な状況となっています。
  1. 水の供給 : 80%以上の人々には飲料水が供給されていない(配水所での供給)。
  2. 公共施設 : 90%以上の公共施設が壊れ、80%の村では水道供給と電力供給が止まっている。
  3. 私有施設 : 90%以上の家屋が被害を受けたり破壊されたりした。また推定900人以上が避難所で過ごしている。
  4. 海岸地域での被害 : 高波によって海岸地域の90%の家が被害を受け、ほぼ全域で護岸が侵食された。
  5. 作物の被害 : 90%以上の作物が完全に破壊された。
  6. 健康 : 州立病院も構造的な被害を受けた。ただし台風による死者は報告されていない。
最大風速は132 mph (=59m/s)、波の高さは35 feet (=10.6m)以上に達したそうです。

2004年4月13日

台風1号は最盛期は過ぎつつも勢力は維持しており、以前よりも拡大した眼が気象衛星画像でもはっきり見えます。台風は依然としてゆっくりとした動きを続けていますが、進路は徐々に東向きに転向してきました。

2004年4月9日

台風の眼もくっきりと見えるようになり、台風1号は本格的に発達してきました。そして、昨年の台風21号に引続き、ヤップ島やユリシー(ウルシー)環礁は、2個連続でまたも強い台風の直撃を受けそうです。まだ台風21号からの復興が終わっていない中での新たな台風の接近を受け、再度の対策を進めているようです。

2004年4月7日

米国アラスカの衛星データ受信局の不調により、本日の台風画像および衛星画像は大きく乱れています。本サイトでは対処できない問題ですので、システムが復活するまでお待ちください。

2004年4月5日

台風1号(SUDAL)が、ミクロネシア連邦カロリン諸島付近で発生しました。なお、昨年の台風1号より3ヶ月発生が遅いというニュースもありますが、1月に発生する台風が一般に前年の台風シーズンに属するものであることを考えると、これはあまり意味のない比較と言えるかもしれません。

リンク集

関連する台風ブログ記事

  1. 2013年台風30号(ハイエン|HAIYAN)
  2. 2013年台風10号(マンクット|MANGKHUT)
  3. 2015年台風27号(メーロー|MELOR)
  4. 2003年台風21号(ルピート|LUPIT)
  5. 2004年台風19号(サリカー|SARIKA)
  6. 2004年台風27号(ナンマドル|NANMADOL)
  7. 2016年台風5号(オーマイス|OMAIS)
  8. 2005年台風14号(ナービー|NABI)
  9. 2006年台風18号(ソーリック|SOULIK)
  10. 2004年台風18号(ソングダー|SONGDA)