台風201318号 (MAN-YI) 台風の名前 = マンニィ (MAN-YI) : 海峡の名前 [香港]

2013年09月16日 07:30 JST

台風18号(MAN-YI)による大雨が近畿を中心に続いています。アメダスイベント検出でも、アメダス観測史上最大級の大雨が各地で観測されており、午前5時すぎには京都・滋賀・福井に大雨特別警報が発表されました。これは8月30日に特別警報が始まって以来初めての発表です。雨雲レーダーでも中心の北側には発達した雨雲が広がっており、この地方でもあとしばらくは大雨が続きそうです。 この台風による大雨は、台風200423号を思い起こさせます。このときは近畿地方の日本海側で大雨となり、円山川(豊岡)や由良川(福知山・舞鶴)では大規模な氾濫が発生しました。今回の大雨でも、現在氾濫の危険性が最も差し迫っているのは由良川です。台風23号当時の状況は国土交通省 近畿地方整備局 福知山河川国道事務所による速報にまとめられていますが、当時の福知山での最高水位は7.55mでした。国土交通省「川の防災情報」によると、今回は福知山での最高水位がすでに8mを越えており、当時の水位を上回っています。 また台風23号と同様、この台風18号も大型の台風というのが特徴で、日本列島に接近しても勢力が衰えない点で共通しています。台風18号は東海地方への上陸直前が勢力のピークとなるかもしれません。これから台風が接近する東海や関東でも、大雨に対して警戒してください。

2013年09月15日 08:00 JST

台風18号(MAN-YI)はまだ本州の南の離れた位置にありますが、すでに本州では大雨が始まっています。各地ではこれから雨と風が強まりますので注意してください。今回の台風では、台風の中心から離れた場所でも大雨になることがあります。 台風に関係するデータとして、雨の状況は雨雲レーダーまたはリアルタイムアメダス降水量、風の状況はリアルタイムアメダス風向・風速、その他に大雨・強風の自動検出などを参考にして下さい。 また、ソーシャルメディアでもツイッターフェイスブックで関係する情報を発信していますので、こちらもご参考に。

2013年09月14日 11:00 JST

台風18号(MAN-YI)は大雨に警戒です。下の画像を見てもわかるように、台風の渦のスケールが大きく、台風中心の北側に厚い雲が広がっているため、台風が接近する前から大雨が始まるだけでなく、中心から離れた場所でも大雨になる可能性があります。中心位置にあまりとらわれず、雨雲の動きを雨雲レーダー画像などで確認して下さい。

2013年09月13日 06:30 JST

台風18号(MAN-YI)が小笠原近海で発生しました。今後の進路は、北上して小笠原諸島から伊豆諸島に接近する予想となっています。気象庁の予報によるとこの台風はあまり強くは発達しないとのことですが、私も同じ印象を受けています。この台風は雲の広がりとしては大きいのですが、雲がばらけて中心にまとまりにくいタイプのような感じです。ただどのような勢力であっても、大雨や強風や高波の影響は各地に出てきますので、最新の情報にご注意下さい。

関連する台風ブログ記事

  1. 2014年台風11号(ハーロン|HALONG)
  2. 2011年台風12号(タラス|TALAS)
  3. 2014年台風12号(ナクリー|NAKRI)
  4. 2007年台風9号(フィートウ|FITOW)
  5. 2011年台風6号(マーゴン|MA-ON)
  6. 2015年台風11号(ナンカー|NANGKA)
  7. 2011年台風15号(ロウキー|ROKE)
  8. 2012年台風4号(グチョル|GUCHOL)
  9. 2014年台風8号(ノグリー|NEOGURI)
  10. 2013年台風17号(トラジー|TORAJI)