台風201502号 (HIGOS) 台風の名前 = ヒーゴス (HIGOS) : いちじく [米国]

2015年03月07日 17:00 JST

台風2号(HIGOS)のベストトラックデータが公開されました。台風の寿命は実況よりもやや短くなったため、台風の空白期間は日本時間で2/7の0:00から2/8の03:00まで、および2/11の21:00から2/15の18:00までとなりました。さてこの結果を受けて、台風シーズンの「本当の」境界はいつと定義すればよいでしょうか?もし前者の空白期間を採用するなら、台風201502号は最も早く発生した台風、後者の空白期間を採用するなら、台風201502号は最も遅く発生した台風となります。どちらの解釈が適切かは、例えば201501号と201503号との間の発生間隔を見ながら決めるのがよいかもしれません。もう少し待ってみます。

2015年02月12日 19:30 JST

台風2号(HIGOS)は日本時間本日未明に熱帯低気圧に変わりました。歴史的な空白期間に発生した台風としてその行方が注目され、短時間ではありますが強い台風にまで発達しました。しかし、進路が北に向いてしまってはすぐに寒気にぶつかってしまうため、長命を全うすることは難しくなります。空白期間を完全に埋めるほど長生きすることはできませんでした。 この結果、台風の空白期間は、日本時間で2/7の0:00から2/7の18:00まで、および2/11の18:00から2/15の18:00までの2つに分割されることになりました。ただしこれはあくまで暫定記録ですので、ベストトラックの発表を待って、「本当の」台風シーズンの記載を更新したいと思います。

2015年02月08日 07:00 JST

台風2号(HIGOS)がマーシャル諸島で発生しました。注目すべきはこの台風の発生時期です。「本当の」台風シーズンでも書いたように、2月8日から14日にかけての期間は、1951年以来台風が1個も観測されたことのない「空白期間」となっていました。台風2号は、この空白期間という前人未到の領域を埋め始めており、もし台風2号が1週間生き残れば、65年間も残っていた空白がついに消えることになります。この珍しい現象がどのような記録を残すことになるのか、今後の展開に注目しましょう。

関連する台風ブログ記事

  1. 2016年台風1号(ニパルタック|NEPARTAK)
  2. 2014年台風20号(ヌーリ|NURI)
  3. 2003年台風16号(コップ|KOPPU)
  4. 2003年サイクロンJANA
  5. 2013年台風のまとめ
  6. 2015年台風1号(メーカラー|MEKKHALA)
  7. 2009年台風17号(パーマァ|PARMA)
  8. 2014年台風のまとめ
  9. 2013年台風26号(ウィパー|WIPHA)
  10. 2008年台風21号(ノウル|NOUL)